YUKI

北陸の山沿いでは24日(木)朝までに新たに50cm以上の雪が積もるおそれがあります。雪崩の発生や屋根など高所からの落雪に注意が必要です。
週後半から月末、そして3月上旬にかけて、気温が上昇する傾向で、東京などではようやく春の気配を感じられそうです。
低気圧の動きが遅く同じような気圧配置が続くため、特定のエリアに雪雲がかかり続ける可能性もあるため注意が必要です。
低気圧の位置や発達度合い等はまだ予報に幅があるため、随時最新の見解をご確認ください。
雪が積もっていないところでも、タイルなどは濡れていると滑りやすいのでお気を付けください。
雪が路面に積もるおそれもあるので、車を運転する場合は冬タイヤを装着するようにしてください。
東京都心などで雪の積もりはじめるタイミングが遅れると見られ、大雪の影響は夜が中心になる見込みです。
急激な積雪増加で路面状況の悪化するおそれがあります。車での外出はできるだけ控え、やむを得ない場合も冬用タイヤやチェーンなどの装備が必須です。
連休明けの2月後半になっても、あまり気温が高くならない可能性があります。
関東甲信地方の広い範囲で、2月10日から11日にかけて雪や雨が降る見込みです。