BLOG

週末の天気、全国的に大荒れの予想 交通機関に乱れも

2016年02月11日 22時33分 JST | 更新 2016年02月11日 22時36分 JST

tenki jp

週末は春の嵐となり、全国的に大荒れ。南風が強く、交通機関が乱れる恐れも。気温が上がるため、積雪地帯でも雪ではなく雨が降り、落雪や雪崩の危険大。レジャーは要注意です。

荒天をもたらすものは?

11日(木)・建国記念の日は、広く高気圧に覆われ、穏やかに晴れた所が多くなりました。

12日(金)は高気圧が足早に日本から離れ、湿った空気が流れ込みやすくなります。

西から次第に雲が増えて、雨の降り出す所もあるでしょう。13日(土)から14日(日)にかけては低気圧が急速に発達しながら、日本海を北東へ進みます。

全国的に南風が強まって、春の嵐となるでしょう。

交通機関が乱れるほどの強い風が吹く恐れがあります。

また、寒冷前線が本州付近を通過し、一時的に雨脚が強まるでしょう。暖かい南風が吹くため、雪の積もっている所でも雪ではなく、雨の降る所が多い見込みです。

寒冷前線の通過後は冬型の気圧配置に変わり、北西の風に変わるでしょう。

tenki jp

週末の天気(11日17時発表)

地方ごとの週末の天気と注意点

【北海道・東北・北陸】

※この週末は気温が上がって雨の所が多くなるため、雪の多く積もっている所では屋根から落ちてくる雪や雪崩に注意が必要です。

12日(金)

次第に曇り空へ変わるでしょう。北陸は夜遅くなると雨の降る所がある見込みです。

ポイントは気温の上昇で、最高気温は11日(木)より5度前後高くなるでしょう。

北陸では15度を超える所が多く、北海道でも真冬日となる所はほとんどなさそうです。

13日(土)

(日本海の低気圧が近づく前に)オホーツク海の低気圧から延びる寒冷前線が通過します。

季節外れの暖かさで、雪ではなく雨の降る所が多いでしょう。

14日(日)

雨や風が強まるでしょう。

日本海から近づく低気圧や前線が通過した後は、次第に雪へと変わる見込みです。

【関東・東海】

※13日(土)~14日(日)にかけては強風により交通機関に影響が出る恐れがあります。

物が飛んできたり、看板などが倒れたりと、屋外での活動は注意が必要に。

12日(金)

次第に雲が増えて、東海の早い所では昼前から雨の降る所があるでしょう。

関東も夜は南部の沿岸部に雨雲がかかる可能性があります。雨の降り方は弱いでしょう。

13日(土)

湿った空気の影響で、すっきりしない天気。

雨の降る所もありますが、強く降ることはなさそう。

ただ、風は次第に強まります。

南風が吹くため気温はグンと上がって、広く15度以上に。

14日(日)

南風がさらに強まるでしょう。

気温は高く、20度を超える所も。

前線の通過に伴って一時的に雨が降り、雨脚が強まる所があるでしょう。

雨でも寒さはありませんが、雨の後は、冷たい北風に変わる見込みです。

【近畿・中国・四国・九州】

※13日(土)を中心に雨・風ともに強く、荒れた天気となるでしょう。

大雨にも注意が必要です。

12日(金)

次第に雲が厚くなり、九州は夕方から雨の降り出す所がある見込み。

中国・四国も夜は所々で雨に。

13日(土)

雨・風ともに強く、横殴りの雨となる所もあるでしょう。

傘の骨が折れてしまうかもしれません。

お出かけの際はレインコートやタオルがあると役に立つでしょう。

太平洋側を中心に大雨となる恐れもあり、今後の情報に注意が必要です。

14日(日)

雨は西から次第にやみますが、雨の後は北西の風が強まるでしょう。

冷たい空気が流れ込むため、夜はグッと冷えそうです。

【沖縄】

風が強く、波が高くなるでしょう。

12日(金)・13日(土)

晴れる所が多いですが、本島地方は一時的に雨の降る所があるでしょう。

次第に南よりの風が強まりそうです。

14日(日)

一時的に雨が降る見込みです。

風は北よりに変わるでしょう。

詳細は最新の情報で

繰り返しになりますが、週末は全国的に大荒れの天気が予想されます。

低気圧の動きによっては雨や風の強まるタイミングが前後する可能性があります。

スキーなど、屋外のレジャーは危険を伴う場合がありますので、今後も最新の気象情報をこまめに確認して、計画を改めて見直しましょう。

なお、月曜日は冬型の気圧配置となり、一気に冬の寒さが戻る見込みです。

この先は気温の急激な変化にもお気をつけください。

(2016年2月11日 19時9分)

【関連リンク】