ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

飯野哲夫 Headshot

冬のこの時期、なんだか仕事のやる気が出ない人のためのチェックポイント

投稿日: 更新:
印刷

冬本番の2月です、いかがお過ごしですか?

「なんだかどうも仕事に集中できない......特に理由はないけれど」
というそんなあなたのために、3つのポイントを送ります。

筆者は1番の対策を実行しています、毎年のことですからね。
あなたも当てはまるかも?

どうも体調がすぐれない


「風邪?のようだが体温計でみると熱は上がっていなくて......」
こんな状態ではありませんか?

カレンダーは2月です。
そろそろ花粉症ではありませんか?
今まで縁のない人も発症する可能性もあります。

また、花粉症の薬を飲むことによるパフォーマンスの低下
(インペアードパフォーマンス)もあるようですよ。

集中力や判断力、作業効率が低下しにくい薬もあるそうですので、
思い当たる人は医師に相談してみてください。

プライベートで、ハードでストイックに運動やダイエットをしている


体は疲れたら休みたがるものです。
度を越した負担があるならば、どこかでバランスを取ろうとします。
一方で我慢を強いるほどに頑張ったならば、天秤は傾くでしょう。

運動の強度や休養日の見直し、これまでの達成したことを振り返りながらの計画の修正など、振り返ってみることなどが効果的でしょう。

スポーツやダイエット以外でも、寝る間を惜しんで一生懸命に趣味やゲーム、ネットショッピングなど、
何かを頑張っていたらおなじようなことがおこるかもしれませんね。

何だか気分がふさぎ込みがちで......


冬の景色はモノトーンなど抑えた色が多いものです。

道行く人々の服は黒やグレーなどが多く、木々は枯れ、花も少なく、
空はどんよりとして、遠くの山には灰色の雪雲がかかり......

書いていても落ち込みますね(笑)

色、カラーとは意外と大事なものです。
食事に出かけたとき、真っ青な内装や濃い緑で統一されたお店はあまりないはずです。

料理にあたたかさを感じられませんし、たくさん食べて盛り上がる雰囲気になりにくいです。
やはり暖色系の看板や内装が目立ちますよね。

美味しそうで、あたたかそうで、親しみがあります。

冬のイメージに引きずられないために


冬のイメージ的にも、春や夏に比べると抑えた感じがあります。
そうすると、知らずに引きずられていることもあるのかもしれません。

そろそろ春物シーズンがはじまります。

ウィンドウショッピングに出かけたり、やってくる春のファッションを思い浮かべる、
そんなことも気分を変えてくれるでしょう。

手近な小物や筆記具など、色鮮やかなものに替えてみても変化がつきますね。

「なんとなく」という、思い当たるような理由がない場合、
ちょっとしたことで変化をつけることができます。

色や音楽、バランス、通勤ルートを変えてみる、久しぶりの人に会ってみる
......ほかにもたくさんあると思います。

いつものパターンはマンネリと紙一重ですからね。

春まであと少しです、残り少ない冬を乗り切って、気持ちよく出会いの春を迎えましょう!

(2016年02月10日「ボトルボイス」より転載)

オンライン カウンセリング/コーチング サービス ボトルボイスロゴ