mochibeshon

冬本番の2月です、いかがお過ごしですか?「なんだかどうも仕事に集中できない...特に理由はないけれど」というそんなあなたのために、3つのポイントを送ります。
知情意という言葉、みなさん聞いたことありますか?
環境が変わると『日常が大きく変化する』ということは、間違いのないことです。
「やる気」ってそもそも何でしょう?心理学の観点から「やる気」の正体を探ります。
PRESENTED BY エン・ジャパン
学校での勉強を一生懸命頑張ればIQは高くなっていきますね。しかし、IQを高めようとすると、EQが下がってしまうという、現象が多くなってきています。
「リフレッシュしたい」と感じるのは、男女ともに「仕事でイヤなことや失敗があったとき」が第1位でした。
PRESENTED BY エン・ジャパン
「数字」の世界を抜け出し、お客さまに届ける「価値」が中心の世界へ飛び込んだ人たちがいます。
あなたが部下のやる気を引き出すとき、どんな言葉をかけていますか?
最近の若手社員の多くは出世よりもワークライフバランスを重視するらしい。
PRESENTED BY エン・ジャパン
その目標、本当に正しく設定されていますか?
最も簡単なのは、「よっしゃ!」「やれる!!」などとガッツポーズをとりながら、お腹に力を込めて掛け声をかけることです。
4月も中旬になり、新年度の目標を継続できている方もそうではない方もいると思います。誰でも簡単に、物事を継続できるスキルをご紹介いたします。
忘れないで。私たちには理解できないような「魔法の力」が存在します。
パフォーマーの仕事は無意味なのでしょうか。もちろんそんな事ないです。
「見てもらいたい」気持ちは、うまく働けば実力以上の力を引き出してくれるけれども、人を萎縮させ、足を引っ張ることもある難しいものです。
実利を重んじる人達は、しばしばゲーム遊びに疑問を投げかける。
「好きなコト」へのアプローチは、変わっていっていい。
いい先生とは、子どもを上手にノセられる「MC」のような存在ではないでしょうか。
1回目で成功する人はほぼ居ません。ここに必要なのはアドバイスでしょうか。本当に必要なのは「じっくり回数を重ねる機会」だと思うのです。