Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

安達裕哉 Headshot

「転職回数多すぎ」に思う。

投稿日: 更新:
印刷

面接をしていた。相手の経歴を見ると、2~3年で職を転々とし、現在32歳ですでに在籍4社目だ。

多くの会社で働き、経験も豊富なのだが、こういう経歴の持ち主を「敬遠」する会社は多い。

実際、その人に「転職活動をしてきた中で、転職回数について聞かれたことがあるか?」聞いてみると、「はっきりとは言われないが、やはり転職回数が多いと歓迎されない会社もありました」という。

大手採用媒体であるリクナビでも転職回数についての記事が散見される。

"転職回数が多いと不利ですか?"

記事によれば30代ならば3回以上の転職経験があると約半数の企業が「気にする」と回答している。コールセンター大手の「もしもしホットライン」の人事はこの中で

"あまりにも転職回数が多い方は、定着率を重んじる当社としてはマイナス。30歳で3回以上転職されている方の採用は厳しいことが多いです。"

と言っている。

試しにシミュレーションしてみよう。

大学を卒業し、22歳で就職。3年ほど勤めたが、就活に失敗。ノルマの厳しい営業職にしぶしぶなったが、「やりがいのない仕事」と「上司との軋轢」に耐えかねて25歳で最初の転職。

次は食品会社に移ったが、これが失敗、とんでもないブラック企業で残業代も出ず、体を壊して27歳で転職。

次の会社は「安定を求めて」小さなオフィス家具の商社で働いていたが、業績が悪く、32歳になっても年収が300万以下。これでは給料が安すぎる...、と思って次の転職先を探す。

なんとか知り合いの会社に潜り込んだが、残念ながら業績の悪化によりリストラ対象となってしまい、転職を余儀なくされる...。

そういうことを色々と考えながら、面接の相手を再度見る。32歳ですでに転職3回は確かに多い。他の応募者を見ると29歳、転職回数は初めて。7年間一つの会社に勤めている。

やはり、後者のほうが魅力的だと考える人は多いだろう。


なぜだろう、なぜ後者のほうが魅力的だと感じる人が多いのだろう。

前者と後者を比べた時、「後者のほうが能力が高い」とする根拠は何一つ無い。おそらく「能力」とは関係がない。

後者のほうが「定着してくれそう」なのだろうか?いや、今まで転職しなかったからといって、これからも転職しないという思い込みに根拠はない。

そんなことを考えていると、頭に浮かんだ。
おそらく、日本人は「生え抜き」が好きなのだ、と。

リクルートワークスの研究によれば、「中途採用が出世できない」という傾向は、世界各国の中でも日本に特有の現象とのことだ。

ある日ヘッドハンティングされた人が突然自分の上司になったら、多くの会社では反発は必至ではないだろうか。


これらをつなぎ合わせると、次のことが見えてくる。

解雇規制が強い日本の会社は、中途採用には慎重である。そして、年功序列的な考え方、すなわち永年会社に貢献した人が出世する、という構図になっている。

したがって、支配的な価値観は、「長く勤める人=価値が高い」である。

だが、本当にそうだろうか?

「転職の回数が少ない人」は、そうでない人に比べて価値が高いのだろうか。私はそうは思わない。

転職回数が多い人は、より多くの会社を見て知っているということであるし、「飽きっぽい」のは必ずしも悪いことではないからだ。また、「10年以上同じ会社に勤めている」からといって、仕事ができるとは限らない。また、最近では日立製作所のように「年功序列」を廃止する会社も多い。

当たり前すぎる話だが、表面的なスペックよりも、実際に話して、仕事をしてみないとその人のことはわからない。

米国ソフトウェア工学者の第一人者である、トム・デマルコは、著書「ピープルウェア」の中で次のような話を紹介している。
(以下引用)

"サーカスの団長: 何年ぐらいお手玉をやっているの?

応募者:6年位です。

団長 ボールをいくつ扱える?3つ?4つ?それとも5つ?

応募者:いくつでも出来ますよ。

団長:火がついているものはどうかね?

応募者:できますとも。

団長:ナイフや斧や開いた葉巻箱やヒラヒラ帽子はどうだね?

応募者:みんなできますよ。

団長:一緒にやるおしゃべりは得意かい?

応募者:そりゃもう愉快にやりますよ。

団長:うん、良さそうだな。うちでやってもらうことにしよう。

応募者:あれ?...私のすごい芸、見ないんですか?

団長:ヘェー、それは考えつかなかったな。

やらせもしないで曲芸師を雇おうとするのば馬鹿げている。そんなことは常識だ。だが、技術者、設計者、プログラマー、グループリーダーなどを採用しようとするときは、この常識があまり通らない。
(引用終わり)

そういう意味で、「転職回数」などよりも、「その人が作ったもの」や、「その人の書いたもの」を実際に見せてもらったり、試しに一緒に働いてみたりするほうが、遥かにその人のことがよく分かるのではないだろうか。

(2014年4月9日 Books&Appsに加筆・修正)

他のサイトの関連記事

若手社員、4人に1人「転職したい」 賃金への不満多く 厚労省調査

崩れ始めている「転職の35歳限界説」

“1人1人に寄り添うサービス”で転職希望者をおもてなし--ワークポートに聞く「転職コンシェルジュ」の魅力

ミドル、シニアのための「転職・再就職」ガイド【1】