BLOG

椅子を引く、よくあるイタズラで、国体を目指していた僕は寝たきりになった。そして...

2017年05月30日 15時06分 JST | 更新 2017年05月30日 17時25分 JST

2017-05-30-1496105591-4149750-FullSizeRender3.jpg

この日(2014.7.2)から俺の人生はガラッと変わった。

3時間目の授業が終わり友達と早弁をした。食べ終わった後机の上が少し汚れていたから隣の子にティッシュを貰う為席を立った。ティッシュをもらい椅子に座ろうとした時に、後ろにいた女の子がふざけて俺の椅子を引いた。

俺は不意打ちにやられたから対応する事もできず後ろにあった机の角で背中を強打し床にお尻から突き上げるように落ちた。

その瞬間、背中と腰に異常な激痛が走った。そしてクラスメイトの子達に保健室までタンカで運んでもらった。保健室についてすぐに強打した背中から順に下半身が痺れ始め大変だと思い救急車で病院に運ばれた。

そして病院でMRI、CT、レントゲンなどの検査をし2週間入院する事になった。

検査の結果は脊髄が潰れた感じになっていて手術が必要だ。と医者に言われた。

正直その言葉を言われた瞬間涙が溢れた。

その週には国体の選考会があり数ヶ月後にはウィンターカップを控えていたからだ。

手術をしないと今後身体に影響が出ると言われたから泣く泣く手術する事を決断した。

そして国体を辞退しウィンター予選はチームの皆に託し手術をした。強力な全身麻酔を使い9時間行なった。意識が戻った時には下半身も動き成功したと思われた。

しかし3日後、切り口の中が痛くなり検査をした。そしたら血栓ができていた。緊急手術を行う事になった。2回目の手術も強力な全身麻酔をし5時間手術をした。

手術が終わりICUの中で目が覚めた。

目が覚めた時、異常な頭痛と吐き気と意識がほぼ無い状態で本気で死ぬ寸前だった。

1週間意識がなく病室で寝かされていた。ちゃんと意識が戻った時は周りに家族がいてなんとなく久しぶりに安心した。

けどここからが俺の山場だった。身動きができず寝たきり生活が2ヶ月。その間で髄液を抜くために極太のブロック注射を背中に5回刺され相当な痛みだった。

やっとベッドを起き上がれるようにもなり車椅子生活が半年続いた。手術後初めて床に足をつけた時本当に下半身がない感じで宙に浮いてる気分だった。

それから毎日リハビリが始まって3ヶ月後物を使って歩行ができるようになりどんどん良くなってきた。

約1年リハビリ入院し、大学の入学式があるため退院をし兵庫県の大学に松葉杖で門に足を踏み入れた。

約1年中途半端だけど大学に通った。

でもやっぱりこの身体で通う事は本当に辛かった。バスの中では押し倒され転倒したり道で歩いてていきなり力が抜け転倒したりと大変だった。僕は限界を感じもっとリハビリをして杖なしで歩けるようになりたいと思い親と相談して1年間休学する事を決めた。

現在は地元で毎日リハビリに励んでいてその結果下半身の麻痺は治っていないが杖なしで歩けるようになった。

たくさん希望がみえてきた。来年の3月にはまた大学に戻るけど前よりは心と身体に余裕ができると思う。そして将来を考え車椅子バスケをやると決めた。

本当は小学校からの夢であったプロバスケの選手になりたかったけど今は自分の身体を受け入れて新しい夢を決めた。

俺は頑張るよ。

で、俺はこの身体になってたくさんの経験ができた。

家族の有り難さ。周りの支え。障害者の方の見方。心の中の考え。本当にたくさん学ばせてもらえた。

今更過去の事を言ったって戻れない。

それなら先の楽しい事とかチャレンジしたい事を作って生きた方が楽しい。

先輩、友達とかに色々連れてってもらって話をする事も俺の中では学び。

これからもたくさん経験してこの身体でも何でもできるんやぞ!!!ってのを証明する。

俺の一番でかい目標は「車椅子バスケで自分の名前(山田雄也)を広めること」

頑張ります。

最後に、この先本当に何がいつ起こるかわかりません。でももし何かが起きても独りだけじゃありません。

周りに温かいハートがたくさんいます。

以上。俺の2年間の「辛い」「我慢」「経験」「大切さ」「幸せ」の話でした。

読んでくれた方本当にありがとうございます。お互い頑張りましょう。

basketball

(2016年8月15日Twitter投稿より転載)