shogaisha

「ほんとにちゃんと見てないんだなってことがよく分かった」「一緒にいる人の背景が見えてくるのが面白い」—— 全盲の美術鑑賞者・白鳥建二さんの友人たちは、彼と一緒に鑑賞した体験を振り返ってこのように話す。
PRESENTED BY THEATRE for ALL
疑いの目で見られることは、障害を持つ人々のメンタルヘルスに悪い影響を与えているという。
「作品の良い・悪いに障がいは関係ないですから」三井不動産レジテンシャルとstudioFLATが仕掛ける新たなアートサブスクリプションが2021年に始まった。
PRESENTED BY 三井不動産
障害者にとってのバリアフリーと、それ以外の人にとっての快適さが対立する「バリアフリー・コンフリクト」が起きているという【2022年上半期回顧】
障害者にとってのバリアフリーと、それ以外の人にとっての快適さが対立する「バリアフリー・コンフリクト」が起きているという
オンライン劇場THEATRE for ALLが、「まるっとみんなで映画祭」を開催。大人も子どもも、障害のある人も、言葉がわからない人も、一緒に楽しめる鑑賞体験は実現する?
PRESENTED BY THEATRE for ALL
JRと大手鉄道会社の計22社を調査。ストーカーや痴漢被害の相談が多く寄せられ、当事者団体は「できる限り早くアナウンスをやめてほしい」と訴えています。
園側は当初、「安全上の理由」のためだと説明。乗車を断られた客は、「障害者差別解消法が施行されて5年以上経つにも関わらず、いまだに今回のような問題が起きているのが現状」と憤る。
なぜ、あのような事件が起きたのか。ここに来て新たな事実が浮上している。ノンフィクションライターの渡辺一史氏の取材によって、裁判でも触れられなかったことが明らかになっているのだ。