ニュース

世界の漁場の85%が荒廃:動画

2013年08月01日 18時14分 JST | 更新 2013年08月02日 17時49分 JST
Vimeo: Prime Collective

「Harper's」誌の2013年8月号は、「世界の漁場の暗い未来」について特集記事を掲載している。この記事と連動して、写真家のドミニク・ブラッコ氏とライターのエリック・ヴァンス氏が、ドキュメンタリー短編『After the Fish Are Gone』を制作した。

作品は、世界の漁場の85%が、限界スレスレまで漁獲されているか、限度を超えて漁獲され尽くされたという、悲惨な統計で始まる。

そして、メキシコ人の漁師であるピオリン氏が、漁業を初めた10代のころから見てきた、海のドラスティックな変化を語る。ピオリン氏は、キノという町での、自分の暮らしを語る。麻薬の密売人がいっぱいで貧困があふれる町での、希望が見えない生活だが、彼は海に癒やしを見つけているという。

[Carey Polis (English) 日本語版:緒方亮/ガリレオ]

世界中で話題のコンテンツを豊富に提供! www.aol.jp

関連記事

Threatened Fish and Shellfish