dokyumentari

「自分の14歳の記憶が吹き出した」「リアルすぎる」「初めて見るタイプの映画」など反響が相次いでいる。
「ARASHI’s Diary -Voyage-」の最終話24話では、活動休止前最後のライブに密着。2020年の公演からダイジェストムービー2本も公開されました。
Amazon創業者のジェフ・ベゾスやオバマ前大統領、藤井聡太棋士も…。天才と呼ばれる著名人と結びつけて語られるモンテッソーリ教育とは、一体どのようなものなのだろう。
「香港で、警察官の暴力が加速し、ものすごい速度で言論が規制されていく瞬間を目の当たりにしました。ここで起こったことは今後アジアの様々なところで起きる、日本にとっても他人事ではないということです」
近年、東アジアにおける民主主義の優等生と言われる台湾だが、その内実は日本から見えるほど単純ではない。映画『私たちの青春、台湾』のフー・ユー(傅楡)監督に話を聞いた。
「捜査するジャーナリスト」と呼ばれた黒木昭雄さんの死から10年。黒木さんが最期まで追い続けた「岩手少女殺害事件」、直前まで一緒に取材をしていた長野智子さんが、その真実に迫ります。
不安を感じる彼らに、本当に寄り添えていただろうか? 日本では 一斉休校の要請や、オンライン教育の導入などで、子どもを取り巻く状況は大きく揺れた。各国のテレビ番組から学ぶことがあるかもしれない。
PRESENTED BY NHK「日本賞」
メキシコの地下奥深くに広がる泉、セノーテ。かつては生贄が捧げられ、死にまつわる伝説に包まれた未知の泉を追ったドキュメンタリーは、見る者を別世界に誘う。
暴力的な家庭に居場所を見いだせず、スケボーを通じて出会った少年たちの成長をエモーショナルに綴るドキュメンタリー『行き止まりの世界に生まれて』。トランプ政権を誕生させたと言われるアメリカの現実が描かれる。
自身の性に違和感を持ち続けた小林空雅さんの9年間に密着した映画『ぼくが性別「ゼロ」に戻るとき 空と木の実の9年間』が公開中だ。セクシュアリティにまつわる一人の人間の葛藤と変化を通して、性の多様なあり方へと観る者を誘う。