ニュース

平野歩夢が銀メダル、平岡卓が銅メダル ソチオリンピック・スノーボード男子ハーフパイプ

2014年02月11日 15時55分 JST | 更新 2014年02月11日 17時27分 JST
Cameron Spencer via Getty Images
SOCHI, RUSSIA - FEBRUARY 11: Ayumu Hirano of Japan competes in the Snowboard Men's Halfpipe Finals on day four of the Sochi 2014 Winter Olympics at Rosa Khutor Extreme Park on February 11, 2014 in Sochi, Russia. (Photo by Cameron Spencer/Getty Images)

2月11日(現地時間)、ソチオリンピック・男子スノーボードハーフパイプ決勝が行われ、平野歩夢が2位、平岡卓が3位に入り、今大会、初の日本勢のメダル獲得となった。

2回の演技で良かった方の点で競う競技で、金メダルを取ったスイスのユーリ・ポードラチコフは94.75、平野は93.5、平岡は92.25だった。

なお、トリノ、バンクーバーと過去2大会で金メダルを取った「絶対王者」ショーン・ホワイトは、一回目の演技を失敗して35点、二回目も90.25と振るわず、4位だった。

銀メダルを取った平野は15歳。2013年8月にはスノーボードのワールドカップに初出場で初優勝するなど、メダル獲得が期待されていた。

スノーボードハーフパイプ決勝

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています