ニュース

t.A.T.u早くも解散? 活動再開してソチで熱唱したばかり

2014年02月19日 18時53分 JST | 更新 2014年02月19日 20時52分 JST
Ian MacNicol via Getty Images
SOCHI, RUSSIA - FEBRUARY 07: Russian singing duo Tatu performs during the Sochi 2014 Winter Olympics Opening Ceremony in the Fisht Olympic Stadium on February 7, 2014 in Sochi, Russia. (Photo by Ian MacNicol)

ソチ・オリンピックの開会式前日のイベントに出演し、新譜を発表すると告知したばかりのロシア人女性のアイドルグループ「t.A.T.u」(タトゥー)が2月19日、早くも解散を表明した。t.A.T.uの公式Facebookは「チェコとスロバキアでのツアーなど、t.A.T.uのイベントは全てキャンセルされました」と告知した。

このFacebookにはメンバー2人のうち、レナの以下のようなコメントが掲載されている。

「ジュリアが私に対してひどい振る舞いをしたせいで、私たちの共同作業は絶対に不可能になりました。もし私がユーリャや、彼女のチームの言うことを聞かなければ、t.A.T.uは存続できないと言われました。その場合は、ジュリアは私の代わりに他の赤い巻き毛の女性を探すそうです。ファンの方々が望んでいたt.A.T.uの再結成が実現しないことを悲しく思います」

(2014年2月11日のt.A.T.uの公式Facebookの投稿より)

t.A.T.u画像集

t.A.T.u.は、ジュリアとレナのデュオとして1999年に結成された。日本の女子高生風のコスチュームや、メンバー同士でキスするなどの際どい演出が話題を呼び、世界中で人気になった。2003年の初来日ではテレビ朝日系の音楽番組「ミュージックステーション」での生出演中に退席。お騒がせアイドルとしてイメージが失墜した過去がある。

2011年に解散したが、2013年10月にチョコレート菓子「スニッカーズ」のCMに出演するなど活動を再開。2月7日(ロシア時間)のソチオリンピック開会式前日の「プレショー」ではコンサートを披露。新譜のリリースと、チェコとスロバキアでのツアーを発表していた。

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています
ソチオリンピック 開会式 画像集