NEWS

笹井芳樹さん「STAP細胞と考えないと説明できないデータがある」 小保方晴子さんの上司が会見

2014年04月17日 01時34分 JST
Yuiko Abe

小保方晴子さんの上司でSTAP細胞論文の責任著者である、理化学研究所(理研)の笹井芳樹さんが4月16日15時から都内で会見を開いた。

STAP細胞論文で画像の取り違えなどがあったことについて、理研の調査委員会は4月1日に「小保方さんによる捏造・改ざん」を認定した。一方、小保方さんは9日の記者会見で「未熟さによるミス」と悪意がなかったことを強調する。理研の発生・再生科学総合研究センターの副センター長で、STAP細胞論文のキーマンである笹井氏がどのような発言をするのか注目が集まっている。

【2014/04/16 16:37】会見場で配布されたのと同じ資料を理研が発表した

理化学研究所・笹井芳樹氏 会見 画像集 2014/04/16

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

小保方晴子氏の記者会見画像集(2014年4月9日・大阪)