kobokataharuko

小保方氏やバカンティ氏の野心は、ライバルの成功と自らの失敗によって駆り立てられていったのです。
STAP細胞論文の著者だった理化学研究所の元研究員、小保方晴子氏(32)が3月31日、STAP細胞の作製手順などを記したサイトを開設した。
小保方晴子氏の手記「あの日」。研究不正、STAP細胞の有無、ES細胞混入疑惑、報道被害など、それぞれの論点を解きほぐさないと、この本は読み解けない。
兵庫県警が、元理研研究員でSTAP細胞論文の著者だった小保方晴子氏から参考人として任意で事情を聴いていたことが分かった。何があったのか。
STAP細胞が発見されたとする2014年1月28日の会見から、ちょうど2年後の出版となった。
STAP細胞論文の執筆者である元理化学研究所研究員の小保方晴子さんが、手記を出版することになった。
小保方氏の博士号が取り消され、「嵐は過ぎ去った」と思う研究者は多い。しかし、STAP細胞事件を「小保方事件」として片づけるだけで終結させてよいのだろうか。
撤回されたSTAP細胞論文の筆頭著者だった小保方晴子・元理化学研究所研究員(32)の博士号について、早稲田大が取り消す方針を固めた。
4カ国7つのチームによる研究でもSTAP細胞は作製できなかったとする論文と論説記事を、英科学誌「ネイチャー」最新号が掲載した。
経緯を把握し直すことを通じて、科学関係者のみならず、一般国民にとっても、今後、科学をめぐる事件を冷静に見つめるうえで役立つヒントを提供してみる。