kobokataharuko

小保方氏やバカンティ氏の野心は、ライバルの成功と自らの失敗によって駆り立てられていったのです。
STAP細胞論文の著者だった理化学研究所の元研究員、小保方晴子氏(32)が3月31日、STAP細胞の作製手順などを記したサイトを開設した。
小保方晴子氏の手記「あの日」。研究不正、STAP細胞の有無、ES細胞混入疑惑、報道被害など、それぞれの論点を解きほぐさないと、この本は読み解けない。
兵庫県警が、元理研研究員でSTAP細胞論文の著者だった小保方晴子氏から参考人として任意で事情を聴いていたことが分かった。何があったのか。
STAP細胞が発見されたとする2014年1月28日の会見から、ちょうど2年後の出版となった。
STAP細胞論文の執筆者である元理化学研究所研究員の小保方晴子さんが、手記を出版することになった。
小保方氏の博士号が取り消され、「嵐は過ぎ去った」と思う研究者は多い。しかし、STAP細胞事件を「小保方事件」として片づけるだけで終結させてよいのだろうか。
撤回されたSTAP細胞論文の筆頭著者だった小保方晴子・元理化学研究所研究員(32)の博士号について、早稲田大が取り消す方針を固めた。
4カ国7つのチームによる研究でもSTAP細胞は作製できなかったとする論文と論説記事を、英科学誌「ネイチャー」最新号が掲載した。
経緯を把握し直すことを通じて、科学関係者のみならず、一般国民にとっても、今後、科学をめぐる事件を冷静に見つめるうえで役立つヒントを提供してみる。
STAP問題で、理研が不正調査や検証にかけた経費の総額が、8360万円に上ったことが分かった。一方で、小保方晴子・元研究員には、約60万円を返還請求するとしている。
理化学研究所(理研)は、小保方晴子・元研究員について「懲戒解雇」に相当するという見解を発表した。
スクエニは同社のゲームに「特定の人物を連想させる表現があった」として謝罪した。同社のゲームに「小保方晴子さんを思わせる」などという指摘が出ていた。
理化学研究所(理研)の元研究員、石川智久さんは1月26日、小保方晴子氏がES細胞を盗んだとして、窃盗容疑で兵庫県警に告発状を提出した。神戸新聞やテレビ朝日などが報じている。
STAP論文不正問題では、オープンにされていた実験データを、他の研究者が検証できたことが、追及の突破口を開いた。税金を使って得たデータは原則オープンデータとするべきだ。
STAP細胞問題のようなことがもし身近で起ったとしたら、どのように対処すべきだろうか。
STAP細胞を巡る論文不正問題で、理化学研究所の調査委員会は12月26日、記者会見し、研究論文に関する調査報告書を公表した。「すべてES細胞の混入に由来する。STAP論文は、ほほすべて否定されたと考えて良い」と断定した。
STAP細胞論文を巡る問題で、理化学研究所(理研)の調査委員会は12月25日、小保方晴子元研究員らが発表した論文の主な結論は否定され、その証拠となった緑に光るマウスなどは、別の万能細胞が混入したか、混入で説明できることが科学的な証拠で明らかになったとする報告書をまとめた。
理化学研究所(理研)の小保方晴子氏が、12月21日付で理研を退職することが分かった。退職に伴う小保方氏のコメントは以下の通り。