NEWS

橋下徹氏と合流「100%」民主・前原誠司氏、野党再編に意欲

2014年06月07日 16時19分 JST | 更新 2014年06月07日 16時19分 JST
時事通信社

民主党の前原誠司元代表は6月7日、読売テレビの番組に出演し、日本維新の会を分党して新党を結成する橋下徹共同代表との将来的な合流について「(確率は)100%」と述べ、強い意欲を示した。時事ドットコムなどが報じた。

「民主党は今のままでは国民の期待は戻ってこない。大きな家で野党再編をまとめるという意志を持たなければならない」とも語った。

前原氏はこの後、大阪市内で記者団に対し、野党再編に慎重な民主党の海江田万里代表について「野党の遠心力を求心力に変えていく努力が足りない」と批判。

(時事ドットコム『橋下氏と合流「100%」=「海江田氏は努力足りぬ」-前原氏』より 2014/06/07 10:51)

民主党の海江田万里代表が2013年7月の参院選惨敗後、1年以内に「目に見える成果」を出すとして代表を続投したことを踏まえ、前原氏は「『成果』の総括をしっかりしなければならない」と述べたという。

MSN産経ニュースによると、前原氏は、記者団に対し「大きな野党をつくるためには民主党が基軸にならないといけない。日本を良くしたいという思いで、今の維新とは(同じ政党で)やれる」とした上で、再編にあたり党を割るかどうかについて以下のように述べたという。

前原氏は再編にあたり党を割るかどうかについては「割れる、割れないではなくて、もう一度民主党を中心に政権を担う意志を持って、どうすればそれができるのかを考えることが大事だ」と述べるにとどめた。

(MSN産経ニュース『「維新とやっていける」民主・前原議員、野党再編に前向き姿勢』より 2014/06/07 14:15)

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています