NEWS

ワールドカップ前回王者スペインがグループリーグ敗退 現地の敗因分析は......

2014年06月19日 00時17分 JST
EFE

王者・スペインがまさかの2連敗――FIFAワールドカップ・ブラジル大会は7日目を迎え、グループBのスペインがチリに2-0で破れ、グループリーグの敗退が決まった。

また、オランダがオーストラリアを3−2で下したため、グループBはオランダとチリの勝ち抜けが決まった。もう1試合のグループAはカメルーンがクロアチアに4−0で負けたため、グループリーグ敗退となった。

ハフポスト・スペイン版では、スペインの敗因について、フィジカルコンディションが万全でなかったこと、初戦を落として自信を失い、いつものプレーができなかったことなどを挙げている。とりわけ、ヨーロッパ選手権2連覇、ワールドカップ優勝メンバーのシャビ、イニエスタらの不調が大きな要因だったとしている。

短いパスをつなぐスタイルは変わらず、オランダ戦、チリ戦ともにボールを支配しながら、2試合で得点はPKの1点のみ。一つの黄金時代の終わりを印象づける結果となった。

【W杯2014】世界の美女サポーター

【ワールドカップ関連の記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています