Japan World Cup

現地6月24日の2014年ブラジルワールドカップのコロンビア戦(クイアバ)で、圧倒的な実力差を見せつけられた日本。ハメス・ロドリゲス(レアル・マドリード)を筆頭に、同国の優秀な若手の台頭には度肝を抜かれた。そのコロンビアはベスト8で開催国・ブラジルに敗れたが、優勝できる底力があったことは多くの関係者が認めている。
サッカー日本代表の次期監督に、ハビエル・アギーレ氏が就任する。アギーレ氏は8月中旬をメドに来日し、就任会見を行う予定。
"ドイツ代表が優勝セレモニーで人種差別をやらかした"と話題になっている件について、いろいろと誤解が多いようなので関連動画を中心にまとめてみます(うるさい動画が多いので再生するときはボリュームに注意してください)。中には「モンキー・チャントと同じ」と言ってる人もいますが、そもそもこれを「ガウチョ・ダンス」と呼ぶこと自体ミスリードというか"メディアの罠"だと思うんですよね。なぜならあの"中腰になって歩く"というアクションは"ガウチョ(南米人)を模したもの"ではないから。その証拠にドイツ国内のクラブ同士でも全く同じパフォーマンスが行われています。
元セレッソ大阪監督で現在はアトレチコ・ミネイロ監督のレヴィー・クルピが見た日本の敗因、そしてこれから取り組むべき課題とは? 香川真司、柿谷曜一朗、山口蛍らを育て上げた名伯楽に話を聞いた。
アルゼンチンを1−0で下してワールドカップ優勝を決めたドイツ。その強さの秘密、「カメレオン」的サッカーをデータで探る。
ドイツ対アルゼンチンという1990年イタリア大会以来の顔合わせとなった現地時間13日(日本時間14日)の2014年ブラジルワールドカップファイナルは、今大会屈指の好ゲームとなった。両者ともに持ち味を出しながら戦い、試合はスコアレスのまま延長戦へ。その延長後半8分、香川真司(マンチェスターU)とボルシア・ドルトムント時代にコンビを組んでいたゲッツェ(バイエルン)の決勝点が飛び出し、ドイツが1-0で見事に勝利。90年以来、4度目の頂点に輝いた。
サッカーワールドカップのブラジル大会で7月14日、アルゼンチンを破って世界一に輝いたドイツ。決勝点を決めたのは、後半43分の選手交代で途中出場したMFマリオ・ゲッツェだった。
FIFAワールドカップ・ブラジル大会。優勝を争うのは、ドイツとアルゼンチン。ヨーロッパと南米の強豪同士が対戦します。
FIFAワールドカップ・ブラジル大会は7月14日、決勝戦を迎え、延長戦の末、ドイツがアルゼンチンを1−0で下し、1990年のイタリア大会以来、24年ぶり4回目の優勝を果たした。ドイツは途中交代で入ったゲッツェが決勝ゴールを決めた。
サッカーのワールドカップブラジル大会の3位決定戦が7月12日(日本時間13日)に行われ、オランダがブラジルを3―0で下した。準決勝で1―7とドイツに歴史的な大敗をしたブラジルだったが、この日も精細を欠き、無得点に終わった。