NEWS

メッシ、失意のMVP 悲願の優勝逃し「個人表彰は何の意味もない」【ワールドカップ】

2014年07月14日 14時01分 JST | 更新 2014年07月14日 14時01分 JST
Getty Images

サッカーのFIFAワールドカップ・ブラジル大会は7月13日、決勝でドイツがアルゼンチンを1-0と下し、24年ぶり4度目の優勝を飾った

試合後にMVPにあたる「ゴールデンボール賞」が発表され、準優勝したアルゼンチン代表のメッシが選ばれた。優勝を逃したメッシは、失意のままトロフィーを受け取った。スポニチなどが報じた。

サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会のMVPにあたる「ゴールデンボール賞」が13日(日本時間14日)に行われた決勝のドイツ―アルゼンチンの試合後に発表され、準優勝したアルゼンチンのFWメッシ(27=バルセロナ)が選ばれた。

(スポニチ「大会MVPはメッシ 悲願V逃し、沈んだ表情でトロフィー受ける」より 2014/07/14 07:01)

メッシは今大会、全7試合に出場して4得点。グループリーグから決勝トーナメント1回戦まで、4試合連続でマン・オブ・ザ・マッチに選出された。決勝トーナメントに入ってからは得点がなく、決勝でも見せ場を作れなかったが、MVPに選出された。

トロフィーを受け取ったメッシは、「個人表彰は何の意味もない」などとコメントした。

「優勝トロフィーを掲げたかった。個人表彰は何の意味もない」。短い言葉に無念さがにじんだ。



(時事ドットコム『「優勝トロフィー掲げたかった」=メッシ、歓喜なきMVP』より 2014/07/14 10:27)

得点王「ゴールデンブーツ賞」は、コロンビア代表のハメス・ロドリゲス、最優秀GK「ゴールデングローブ賞」は、ドイツ代表のノイアーが選ばれている。

得点王の「ゴールデンブーツ賞」には、6得点を挙げたコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスが輝いた。得点ランキング2位には、5得点のドイツ代表FWトーマス・ミュラーが入った。
最優秀GKに当たる「ゴールデングローブ賞」にはドイツ代表のGKマヌエル・ノイアーが選出された。若手の最優秀選手を表彰する「ヤングプレーヤー賞」は、フランス代表MFポール・ポグバが手にした。

(ロイター「W杯=MVPにメッシ、得点王は6点のコロンビア代表ロドリゲス」より 2014/07/14 09:21)

メッシの画像集【ワールドカップ】

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

FIFAワールドカップ・ブラジル大会 決勝戦