NEWS
2014年07月10日 22時01分 JST | 更新 2014年07月11日 14時26分 JST

ワールドカップ オランダ・アルゼンチン戦 スコアレスの駆け引きをデータで探る "消されたロッベン" "遠いメッシ"

メッシとロッベンという、スター選手がいながらなぜ、オランダ対アルゼンチンはゴールが生まれなかったのか。背景にあった、ギリギリの駆け引きをデータで探る。

Clive Rose via Getty Images
SAO PAULO, BRAZIL - JULY 09: Lionel Messi of Argentina celebrates defeating the Netherlands in a shootout during the 2014 FIFA World Cup Brazil Semi Final match between the Netherlands and Argentina at Arena de Sao Paulo on July 9, 2014 in Sao Paulo, Brazil. (Photo by Clive Rose/Getty Images)

7月10日に行われたFIFAワールドカップの準々決勝、オランダ・アルゼンチン戦は、0-0の引き分けの末、PK戦でアルゼンチンが決勝進出を決めた。

オランダにはロッベン、アルゼンチンにはメッシという絶対的エースがいながら、なぜ、無得点のまま試合が終わったのか。そして、サッカー観戦の歓喜の瞬間、ゴールがひとつもないスコアレスドローは、よく言われるようにつまらないのだろうか。

ハフポストのデータ・ダッシュボードを使って、この120分の死闘をデータで振り返った。

ゴールこそ生まれなかったものの、前半、戦術で勝ったアルゼンチンに、後半オランダが対策して流れをひっくり返し、さらにアルゼンチンが相手に呼応してカウンター狙いに切り替える。そして最後は両チームのエースが一対一を仕掛けて打開に動く、と勝負の醍醐味が詰まった見どころの多いゲームだった。

無得点で終わったゲーム、メッシやロッベンという絶対的エースはなぜ抑えられたのか。

アルゼンチンは、ロッベンを抑えるために、カイトというロッベンにボールを供給する選手を徹底的にマークした。前半は完全にその策がハマり、アルゼンチンのペースだった。実際、前半のカイトはプレー位置が低く、前方向のパスも圧倒的に少ない。前半のこの試合のMVPは、カイトを守っていたペレスとロホと言っていいだろう。パスの供給源を絶たれたことでロッベンは前半、受けたパスがわずか3本。出したパスにいたっては1本。いかに「ゲームから追い出されていた」かは、データがハッキリ表している。

オランダはメッシをどう守ったのか。それは、ゴールの近くで触らせないようにマンマークをつけたことが大きいだろう。この試合、メッシがボールを持って、ドリブルでオランダの選手を交わすシーンは何度も観られた。実際、一対一を仕掛けた数は15と最多。しかしペナルティエリア近辺はわずかに3つ。しかもその1つは延長戦後半終了間際のもの。その他はすべてゴールから遠いか、失敗したものだった。

なんと、メッシは120分間、一度も相手のペナルティエリアでボールを触っていない、というデータもまた、メッシがいかに相手ゴールから遠ざけられていたかを示している。

そして、なんといっても賞賛すべきは、一対一で簡単にやられない、両チームのセンターバックだろう。とくに4つのタックル、6つのインターセプト、12のクリアを記録したオランダのフラール、両チーム最多の15のクリアを記録したアルゼンチンのガライは抜群の安定感だった。

また、マスチェラーノはチーム一の74本のパスを成功させただけでなく、ロッベンのゴール前での決定的な侵入を2度、阻止しており、能力の高さをデータでも証明している。

PK戦についてはやはり、オランダのファン・ハール監督が準々決勝のコスタリカ戦で見せた、PKのためにゴールキーパーを交代する、という策が使われなかった点に注目が集まってしまうのは致し方ないだろう。

シレッセンはこの試合まで、オランダリーグ戦で8回、欧州チャンピオンズリーグで3回、そして今大会で2回、合計で15回、PKを守る機会がありながら、ひとつも止めていない。そのデータを裏付けるように、この試合のPKでも両手に当てながら弾き返せず、成功を許してしまったシーンもあった。当然、ファン・ハール監督はクルルの投入も考えたはずだ。だが、押しているゲーム展開だったため、PKのために最後の交代枠を使うより、「点を取りに行く」ことを選択し、不調だったファン・ペルシーを下げて、フォワードのフンテラールを送り込んだ。そこで点が取れず、PKになってしまったのが誤算だった。

後半のヤンマート、クラシーの投入が当たり、ゲームの流れを引き寄せたのに対し、延長戦でのフンテラール投入はうまくいかなかった。オランダベンチの采配がゲームを大きく変える要素だったことは否定できないだろう。

FIFAワールドカップも残すところあと2試合。ドイツとアルゼンチン。栄冠をつかむのはどちらだろうか。

Photo gallery ワールドカップ美女 ベスト16&8編 See Gallery