ニュース

韓国アイドルのビデオに「原爆投下」 のシーン 繰り返し起きるわけは

2014年08月04日 19時11分 JST | 更新 2014年08月04日 19時16分 JST
YouTube

韓国の新人アイドル歌手グループのミュージックビデオの一場面に、第2次世界大戦中に広島に原爆が投下されたことを報じる英字新聞などが使われていたとして、場面が一部差し替えられた。韓国の歌手が原爆をイメージする画像で論議を呼んだことは過去にもあった。分かっていれば最初から使わなければよさそうなものだが、なぜ起きるのか。背景を考察した。

今回問題になったのは、「少女時代」などの人気グループを抱える芸能事務所、SMエンタテインメントがデビューさせた「Red Velvet」という女性4人のグループ。8月1日に公開されたデビュー曲「幸福」(Happiness)という曲のミュージックビデオの一場面で、メンバーの一人が踊るバックに、英字新聞のコラージュが一瞬登場する。

この新聞をよく見ると、当時アメリカなどで使われていた「JAPS」という日本人への蔑称とともに「日本、原爆にやられる」「連合国、裕仁(昭和天皇)に命令に従うよう求める」などの見出しが読み取れる。別の場面では、2001年の世界同時多発テロでアメリカ・ニューヨークの世界貿易センタービルが炎上する場面とみられる建物も登場する。

日韓のメディアが相次いで取り上げたことで、所属事務所は3日に、YouTubeの公式チャンネルから当初のビデオを削除し、英字新聞や高層ビルが煙を上げる場面などを差し替えた。

修正後のビデオ

SMは1日「Happiness」のミュージックビデオを正式に公開した。しかし日本の一部媒体などを中心に、特定の場面が、広島の原爆に関連した新聞が、他の新聞とともに登場すると問題を提起した。

SM側は「ミュージックビデオの監督に確認した結果『単純にコラージュの技法を使っただけで、特定の意図はなかった』と聞いた」としたが「誤解の余地をなくすため修正した」とした。

(KoreaDaily「レッド・ベルベット「幸福」MV再掲載…広島原爆の問題部分を修正」より 2014/08/03 20:21)

■2006年には原爆ドームも登場

同様の騒動は過去にも韓国で起きている。

2006年秋に発表された歌手のピ(Rain)の「I'm Coming」では、ピが原爆ドームとみられる建物を背景に歌い踊る場面が登場する。

歌詞は戦争や原爆とは直接関係ないが、ビデオでは、廃虚となった街に羽根をはやしたピさんが舞い降り、軍服姿のバックダンサーと踊る。焼けた建物の中から炎に包まれた人が飛び出てくる場面もある。

アルバムが日本で発売され、衛星放送の音楽番組などで流れた今月20日ごろから、ブログやネットの掲示板で話題になった。動画投稿サイト「ユーチューブ」には「日韓の反感をあおろうとしている」「反日歌手」といったコメントが多く書き込まれた。

日本のCD発売元キングレコードは「ビデオを見て驚いたが、『戦争と飢餓に苦しむ世界を癒やす』というアルバム全体のメッセージに共感した」と話す。

ピさんの所属するJYPエンターテインメント(ソウル)の担当者は「日本好きで知られるピが、日本のファンを侮辱するような意図はない」とコメントした。

広島県原爆被害者団体協議会の金子一士・理事長(81)は「被爆直後をイメージしたような場所で歌い踊るのだから、いい気持ちはしない。被爆者の苦しみを揶揄(やゆ)しているようにさえ感じる。だが感情的に非難しても理解が遠のくだけ。両国の若者らが話し合いを重ねる契機になってほしい」と話している。

(朝日新聞大阪本社版2006年12月29日付「韓流音楽ビデオに原爆ドーム?廃虚 被爆者ら『いい気持ちしない』」より)

■韓国内で深まらない原爆への理解

いずれも、原爆にまつわる映像を、被害者感情などを深く考えずに使っていることが、両者のコメントなどから読み取れる。

被爆者の感情を無視したとも言えるこうした問題が時折起こる背景に、原爆への関心が韓国内で高くないことがある。

原爆投下で、日本の植民地化にあった朝鮮半島の出身者は、広島だけで数万人が死亡したとされる

韓国の憲法裁判所は2011年8月30日、元日本軍慰安婦や韓国人被爆者が起こした審判で、政府が日本に問題解決を促す努力をしないことは「請求人らへの重大な基本権侵害を招いている」として、憲法違反との決定を下した。

しかし、慰安婦問題の影に隠れて在韓被爆者問題は政府間協議もままならず、2013年8月には被爆者79人が韓国政府を相手取って慰謝料支払いを求め訴訟を起こしている

原爆2世らでつくる「陜川(ハプチョン)平和の家」が、韓国内で使われている中学・高校の歴史教科書計29種類を調べたところ、韓国人被爆者の存在について記述しているのは1冊だけで、それも1行だけ事実を述べただけにとどまるという。

「憲法裁判所の判決にも関わらず、日本植民地時代について政府レベルの努力がまともになされていないという事実を証明するものだ」と「平和の家」は指摘している。

2013年5月には、韓国の大手紙・中央日報が「広島と長崎に原爆が投下されたのは神の懲罰」とのコラムを掲載し、日本政府が抗議している。神戸大大学院の木村幹教授は当時、以下のようにツイートしている。

関連記事

原爆投下直後の長崎 写真集