ニュース

エボラ出血熱、ワクチンは2015年半ばまでに20万人分用意の可能性

2014年10月24日 21時59分 JST | 更新 2014年10月24日 21時59分 JST
Reuters

世界保健機関(WHO)は24日、エボラ出血熱ワクチンを2015年半ばまでに約20万人分用意できる可能性があるとの見通しを示した。

WHOは、使用が有力視されているワクチン2種類が、ヒトを対象とした臨床試験段階にあることを確認。さらに、治験薬5種類が開発中で、来年にも臨床試験が始まることを明らかにした。

WHO事務局長補のマリー・ポール・キーニー氏は「2015年上期末までに、数十万人分のワクチンが用意できる見通しだ。20万人分に達する可能性もあるが、それ以下もしくはそれ以上になることもあり得る」と語った。

ワクチンのヒトを対象とした試験を進めているのは英グラクソ・スミスクラインと米ニューリンク・ジェネィテクス

米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)も、年明け1月から治験薬のヒトへの臨床試験開始を目指している。[ジュネーブ/ロンドン 24日 ロイター]

【関連記事】

エボラ出血熱の症状