NEWS
2014年12月24日 19時33分 JST

【ナッツリターン】趙顕娥・前大韓航空副社長に逮捕状請求 暴行、強要の疑い

大韓航空の趙顕娥(チョ・ヒョナ)前副社長が、乗務員のナッツの出し方に怒って飛行機を引き返させた「ナッツリターン」問題で、韓国の検察は12月24日、日本の逮捕状にあたる事前拘束令状を請求した。

また、証拠隠滅を図った疑いで大韓航空常務の逮捕状も請求したほか、国土交通部の調査内容を漏洩した疑いで、調査官の身柄を拘束した。

ハフィントンポスト韓国版に掲載された韓国の通信社・聯合ニュースの記事から。

cho hyunah

12月17日、検察に出頭し、待ち構えた報道陣の前で頭を下げる趙顕娥・大韓航空前副社長。(c) JUNG YEON-JE/AFP/Getty Images

ソウル西部地検は12月24日、大韓航空の趙顕娥・前副社長(40)への事前拘束令状を請求した。

検察は、問題発生後、社員に対し、状況報告を削除するよう指示するなど、隠蔽を主導し、チーフパーサーに「会社に長く勤められないぞ」という趣旨の脅迫をした疑い(証拠隠滅・強要)で、大韓航空の客室乗務本部の常務(57)にも事前拘束令状を請求した。

検察によると、趙前副社長は12月5日(アメリカ東部時間)、大韓航空KE086便の機内で、ナッツを提供するサービスが気に入らないとの理由で、乗務員とチーフパーサーを相手に暴言、暴行を加え、ランプリターン(飛行機を搭乗口まで戻すこと)を指示、チーフパーサーを強制的に飛行機から降ろした疑いがある。

検察は、航空保安法の航路変更、安全運航を阻害する暴行に加え、刑法の強要、業務妨害と、4種類の容疑を適用した。

趙前副社長はこれまで、暴行について否認してきたが、検察の捜査に対し、床にひざをついて菓子類提供サービスのマニュアルを探していた乗務員を立ち上がらせ、片手で乗務員の肩を搭乗口の壁に押しつけたことが明らかになった。

チーフパーサーが許しを乞うと、激しく罵倒し、マニュアルの入ったファイルの角で手を数回つつくなどの暴行を加えたことが確認された。飛行機内で司法警察権を行使できる乗務員とチーフパーサーを暴行したことで、航空機安全運航阻害暴行罪を適用した。

趙前副社長は当時、機長に直接ランプリターンを指示していないが、チーフパーサーが機長に戻るよう要請したことを、副社長によるものとみなした。副社長が大韓航空社員のチーフパーサーを飛行機から強制的に降ろしたことに強要罪、機内で騒いで乗客300人の乗った飛行機を引き返させたことは業務妨害にあたると判断した。

また、趙前副社長が常務から、国土交通部の調査状況について報告を受けていたことを確認した。常務は、問題発生直後、職員に最初の状況報告書を削除するよう指示するなど、証拠隠滅を図った疑いが持たれているほか、問題が報道された後、チーフパーサーに「会社に長く勤められないぞ」という趣旨の脅迫を加えた疑いもある。

さらに、国土交通部の調査官が、この常務に調査内容を教えたとして、公務員秘密漏洩容疑で身柄を拘束し、調査官の自宅と、国土交通部の航空・鉄道事故調査委員会の事務室を家宅捜索した。調査官は、12月7日から14日まで、常務と数十回にわたって電話やメッセージのやりとりをしたことが確認された。

この記事はハフポスト韓国版に掲載されたものを翻訳しました。

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

大韓航空副社長「ナッツリターン」関連画像集