nattsuritan

相対的剥奪という社会学の言葉を聞いたことがあるだろうか?1つの代表的な意味は「期待」に対し「実態」が劣るため、人々の不満が生じることを言う。
韓国経済がグローバル競争から脱落し始めた。イノベーションによる突破力が身につかないまま成長を目一杯追った結果だ。
ソウル高裁は5月22日、一審の実刑判決を覆し、執行猶予付きの有罪判決を言い渡した。
一審で実刑判決を受けた趙前副社長は、温情判決を狙って地裁に計7回「反省文」を提出していた。
大韓航空の前副社長が、乗務員のナッツの出し方に激怒して飛行機を引き返させたとして、航空保安法違反や暴行、業務妨害など5つの罪に問われた裁判で、ソウル西部地裁は2月12日、趙前副社長に懲役1年の実刑判決(求刑・懲役3年)を言い渡した。
女性キャビンアテンダントがナッツを袋のまま提供したのは、実はマニュアル通りの手順だった。しかし興奮が収まらない趙前副社長は、男性チーフパーサーに「お前の責任だ」と怒鳴り、飛行機から降りるよう命じたという。
大韓航空<003490.KS>の趙顕娥(チョ・ヒョンア)前副社長が、機内でのナッツの提供の仕方に問題があったとして、接客責任者を降機させ離陸を遅らせた事件で、韓国の検察当局は7日、趙氏を航空保安法違反などの罪で起訴した。
大韓航空の趙顕娥(チョ・ヒョナ)前副社長(40)による「ナッツリターン」問題で、妹の趙ヒョンミン・大韓航空専務(31)が「必ず復讐してやる」という内容の文字メッセージを、趙前副社長に送っていたことが明らかになった。
大韓航空の趙顕娥(チョヒョナ)前副社長(40)が、飛行機内で乗務員のナッツの出し方に激怒し、飛行機を引き返させた「ナッツリターン」問題で、韓国・ソウル西部地検は12月30日夜、趙前副社長を航空安全保安法違反などの疑いで逮捕した。