cho-hyona

一審で実刑判決を受けた趙前副社長は、温情判決を狙って地裁に計7回「反省文」を提出していた。
大韓航空の前副社長が、乗務員のナッツの出し方に激怒して飛行機を引き返させたとして、航空保安法違反や暴行、業務妨害など5つの罪に問われた裁判で、ソウル西部地裁は2月12日、趙前副社長に懲役1年の実刑判決(求刑・懲役3年)を言い渡した。
女性キャビンアテンダントがナッツを袋のまま提供したのは、実はマニュアル通りの手順だった。しかし興奮が収まらない趙前副社長は、男性チーフパーサーに「お前の責任だ」と怒鳴り、飛行機から降りるよう命じたという。
大韓航空の趙顕娥(チョ・ヒョナ)前副社長(40)による「ナッツリターン」問題で、妹の趙ヒョンミン・大韓航空専務(31)が「必ず復讐してやる」という内容の文字メッセージを、趙前副社長に送っていたことが明らかになった。
大韓航空の趙顕娥(チョヒョナ)前副社長(40)が、飛行機内で乗務員のナッツの出し方に激怒し、飛行機を引き返させた「ナッツリターン」問題で、韓国・ソウル西部地検は12月30日夜、趙前副社長を航空安全保安法違反などの疑いで逮捕した。
大韓航空の趙顕娥(チョ・ヒョナ)前副社長が、乗務員のナッツの出し方に怒って飛行機を引き返させた「ナッツリターン」問題で、韓国の検察は12月24日、日本の逮捕状にあたる事前拘束令状を請求した。
大韓航空の趙顕娥(チョ・ヒョナ)前副社長が、乗務員のナッツの出し方に怒って飛行機を引き返させた「ナッツリターン」問題は、韓国の巨大財閥系企業で進む世襲の問題を浮き彫りにした。
大韓航空の副社長だった趙顕娥(チョ・ヒョナ)氏が、機内でナッツを勧めた客室乗務員に激しく怒り、飛行機を引き返させた「ナッツリターン」騒動で、チーフパーサーが大韓航空から虚偽の証言をするよう強要された事実が、検察の捜査でほぼ確認された。
大韓航空を運営する韓進グループ会長の娘で、大韓航空の副社長が、機内でナッツを勧めた客室乗務員に激しく怒り、飛行機を引き返させてチーフパーサーを飛行機から降ろした問題で、副社長と、父の会長がそれぞれメディアの前で謝罪した。
趙顕娥(チョ・ヒョナ)・前大韓航空副社長がニューヨーク発のKE086航空便で、キャビンアテンダント(CA)とチーフパーサーをひざまずかせ、大声でののしる場面を見たという目撃者が現れた。