NEWS

ペンはテロに屈しない 風刺画家は絵で闘う(画像)

2015年01月07日 23時51分 JST | 更新 2015年01月07日 23時57分 JST

1月7日、白昼のパリで新聞社「シャルリー・エブド」の本社が武装した男たちに襲撃され、風刺画家ら12人が死亡した。殺害された風刺画家は、イスラム教の始祖ムハンマドを描き、脅迫されていた。事件を受けて、多くの風刺画家が事件について描いている。

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています