Huffpost Japan

横浜マリノス、外資に買収される可能性も? サッカービジネスをグローバル展開するメリットとは

投稿日: 更新:
YOKOHAMA MARINOS FLAG
YOKOHAMA, JAPAN - NOVEMBER 03: (EDITORIAL USE ONLY) Yokohama F.Marinos supporters wave flags before the J.League match between Yokohama F.Marinos and Urawa Red Diamonds at Nissan Stadium on November 3, 2014 in Yokohama, Kanagawa, Japan. (Photo by Masashi Hara/Getty Images) | Masashi Hara via Getty Images
印刷

横浜マリノスの株主で、マンチェスター・シティFCなどを傘下に持つイギリスのシティー・フットボール・グループ(CFG)は3月3日、日本法人「シティー・フットボール・ジャパン」(CFJ)を設立したと発表した。Jリーグは外資系企業でも国内法人を有する場合は、過半数の株式取得を認めていることから、「外資が横浜マリノスを買収へ」との報道も見られる。

CFGは世界各国でサッカー関連事業を展開するグローバルな事業体で、アラブ首長国連邦(UAE)の王族が所有する投資会社「アブダビ・ユナイテッド・グループ」(ADUG)の子会社。イギリスのマンチェスター・シティFCのほか、オーストラリアのメルボルン・シティFC、アメリカのニューヨーク・シティFCなどを保有し、横浜マリノスへの出資比率は、2014年12月末現在で20%だ。

マンチェスター・シティFCはADUGが買収したことで潤沢な資金を獲得。以来、スター選手を増強し、2014年にはプレミアリーグを制覇した。

サッカービジネスをグローバルに展開すると、選手獲得や育成、トレーニング、知的財産などのノウハウを各国のクラブで共有することが可能となる。横浜マリノスは2014年5月にCFGと提携して以来、経営ノウハウや監督、外国人選手の選考で情報提供を受けている。横浜マリノスの現在のエリク・モンバエルツ監督も、CFG経由で就任に至った。提携が進めば、オフシーズンにCGFグループのクラブでフレンドリーマッチを実施し、興行やテレビ放映権料などの収入が増える可能性もある。

日本法人のトップには、楽天で取締役を務めた利重孝夫(とししげ・たかお=49)氏が就任。利重氏は「CFJを立ち上げたことは、サッカーの世界において、CFGのユニークな計画を世界に広く披露できる好機です。自社ブランドを国内外で広めていくために、日本企業と密接に連携していく自信があります」とコメントしている。

【関連記事】
Close
ワールドカップ サポーター美女
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

横浜F・マリノス

横浜F・マリノス - Wikipedia

横浜F・マリノス × 3.7川崎@日産ス (@prompt_fmarinos) | Twitter

Fマリノスから「NISSAN」ロゴが消える日 | 企業戦略 | 東洋経済オンライン ...

マンチェスター・シティFC - Wikipedia

Manchester City FC: Home