NEWS

スポーツ長者番付、錦織圭が世界ランキング入り 田中将大はウサイン・ボルトより上位

2015年06月11日 17時44分 JST | 更新 2015年06月11日 18時26分 JST
Getty

アメリカの経済誌『フォーブス』は6月11日、2015年度版のスポーツ長者番付を発表した。日本からは錦織圭と田中将大が、100位以内にランクインした。

2015年のランキングでは、プロボクシングのフロイド・メイウェザー(38)が史上最高の3億ドル(約369億円)を稼ぎ、2014年に続き1位。これまでスポーツ選手としては最高額だったタイガー・ウッズ(39)が2008年度に達成した年間1億1500万ドルという記録を、大幅に塗り替えた

2位はメイウェザーと5月に戦ったマニー・パッキャオ(36)で、1億6000万ドル(約197億円)。3位はサッカーのクリスティアーノ・ロナウド(30)が7900万ドル(98億円)と続いた。

日本からは大リーグ・ヤンキースの田中将大(26)が2300万ドル(約28億円)を稼ぎ58位にランクイン。73位の陸上選手ウサイン・ボルトよりも上位だった。

テニスの錦織圭(25)も1950万ドル(約23億円)で92位に入った。錦織は、年俸・賞金などでは450万ドル(約5億6000万円)だったが、CM・スポンサー料などが1500万ドル(18億5000万円)だった。

以下に、主な選手の順位を紹介する。

スポーツ長者番付 世界ランキング

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています