Huffpost Japan

7歳の女の子 レインボーフラッグを持って同性婚反対運動に立ち向かう

投稿日: 更新:
印刷

同性婚に反対する大人たちに一人で立ち向かった小学校一年生のジーアは、一言も発しないことは、時に大声よりも大きな力を持つことがあるということを教えてくれる。

アメリカの連邦最高裁判所は、6月26日に同性婚を合法だとする判決を下した。大勢がこの判決を歓迎した一方で、判決に反対する動きも見られた。

オハイオ州コロンバスで開催された音楽とアートのお祭り「ComFest」でも、同性婚を批判する人たちがプラカードを持って大声で同性婚に反対した。怒りをあらわにした反対運動は大人でも怖じ気づくほどの勢いだったが、7歳のジーアは彼らの前に行き、LGBT運動の象徴であるレインボーフラッグを静かに降り続けて同性婚への賛同の意を表した。

Better version of the photo of the awesome kid! I love ComFest! Hope everyone had a good and safe weekend! I'll post more photos this week!

Posted by Mara Gruber on Monday, June 29, 2015



彼女がレインボーフラッグを振り続ける様子を、父親のライアン・ボーリングさんが撮影している。叫び続ける男性に臆することなく立ち向かうジーアのところには、大人たちが次々と来てハイタッチをし、彼女への支持を表している。

「ジーアは彼女に向かって大声で叫び続ける男性に、数分間にわたって向き合い、レインボーフラッグを振り続けました。彼女はまだ一年生で相手は大人です。本当は怖かったと後から話してくれました。でもComFestの参加者たちは、ジーアはひとりぼっちではないと感じさせてくれました」と、ライアンさんはFacebookに書いている。

ジーアが旗を降り続ける様子はインターネットでまたたく間に広がり、Tシャツのデザインにもなっている。Tシャツの売り上げの一部はLGBTを支援するNPOに寄付されるという。

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

Close
同性婚合法の判決を祝う子供たち
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

LGBTパレードに警官隊が放水 トルコ、人権団体反発

「同性婚容認判決」に漂っている違和感の正体

米最高裁の同性婚“合法化” 保守派は反発

【米同性婚承認】 「世界の趨勢」「日本は議論未成熟」国内には肯定・慎重