ライフスタイル

鈴木おさむさん、1年間の"育児休業"決意「父親になるための勉強」 みんなの声は?

2015年07月08日 01時46分 JST

放送作家の鈴木おさむさんが7月6日、約1年間の育児休業をとることを自身のブログで発表した。妻の女性お笑いトリオ「森三中」の大島美幸さんは6月22日に第1子を出産していた。担当するテレビ番組は順次休み、自宅で本などの執筆は続けるという。

鈴木さんはブログで、この数カ月間いろんな方とお話しして決断したと報告。放送作家として23年間活動してきたが、「今の激しく変わっていくテレビの世界、ネットとかいろんなメディアが出てきて、すべてがライバルになっていく中、テレビが変わっていくであろうことも、ちゃんと考えてみたいなとか思ってた」として、第1子出産を機に育休に入ることを決意したようだ。

仕事を完全に休むわけではないが、放送作家業を休むことにより、脚本の執筆などは週2日程度に仕事を抑えられるという。

鈴木さんは「僕の中では育休というより、父親になるための勉強。妻を職場に戻してあげることも大きな願いです」と、以下のように綴っている。

僕が、父勉、のために、放送作家業を休んで、、週に4~5日時間を作れることで

妻をどこかで仕事に戻すことが出来たらと思っています。

秋か、来年か、妻が仕事に戻るときに、僕がその時、家にいることが出来れば

妻の仕事復帰をアシストできるかなと。

芸人というかなり特殊な仕事をしているので。

妻を職場に戻してあげることも、今回の僕の大きな願いです。

夫婦で話し合いながら、仕事の仕方もちょっとずつ変えていく。

そんな状況を与えていただけていることに、本当に感謝です。

鈴木おさむオフィシャルブログ「放送作家鈴木おさむのネタ帳」Powered by Amebaより 2015/07/06 17:13)

この発表を受けて、Twitter上には、「素晴らしい」「彼に続こう」、夫も「育休させてあげたい」などといった声が投稿されている。

【関連記事】

楽しい子育て! 画像集

ハフポスト日本版ライフスタイルはTwitterでも情報発信しています