NEWS

猫200万匹を殺処分へ オーストラリアで何が起きた?

2015年07月21日 16時02分 JST

オーストラリアでは、絶滅危惧種の保護を目的として今後5年間で200万匹の野良猫を殺処分する計画だ。

オーストラリアのグレッグ・ハント環境大臣は、この計画は絶滅危惧種を守るために必要な手段だと話す。具体的には「2020年までに200万匹の野良猫を殺処分し、オーストラリア本土の10カ所と島の5カ所に野良猫のいない新しい保護区を作り、1000万ヘクタールにわたる地域で野良猫の個体数を管理する」とハント環境大臣は述べている。

cat

野良猫たちは、「可能な限り苦痛が少なく、効果的な方法」で処分されるという。それには、ワナ・射殺・毒殺などの方法が含まれる。

インディペンデント紙によると、オーストラリアでは野良猫が「害獣」に指定されている。オーストラリア環境省の報告書には、野良猫は「35種の鳥類、36種の哺乳類、7種の爬虫類、3種の両生類の存在を脅かす存在」だと書かれている。

さらに報告書は「猫は小型〜中型の哺乳類の多くや、地上に営巣する乾燥地域の鳥類が絶滅した原因となった可能性があり」「ミミナガバンディクート、コシアカウサギワラビー、フクロアリクイの生存を脅かしており」「絶滅危惧種を増やす取り組みが、野良猫のために脅かされているケースもある」と伝えている。

オーストラリアの公共放送ABCのラジオ番組に出演した、政府の絶滅危惧種コミッショナーのグレゴリー・アンドリュース氏は「我々は猫を嫌っているわけではありません。ただ、野良猫が野生動物に与えるダメージを、これ以上放置するわけにはいかないのです」と述べ、この問題があまりにも長期にわたって放置されてきたと指摘する。

一方、ツイッターなどのSNS上では、計画は「残酷だ」と反発する声も多くある。

オーストラリア政府が在来種を守るために200万匹の猫を殺すそうだけれど、間違った方法だ。

猫好きとして、オーストラリア政府が他のもっといい方法をみつけてくれることを願ってやみません。たとえば、毒を作って猫に投与するのにかかるお金を使って、猫たちを別の場所に移住させたらどうでしょう

これは今日聞いたなかで、最も残酷なニュースだ!オーストラリア政府の計画に反対!猫は最高のペットです!!

なんて冷酷な人たちなんだろう!!!!

猫を殺すとか、人間には猫を殺す権利があるという考え方は野蛮で、残酷で、傲慢な悪だ。



この記事はハフポストUK版に掲載されたものを翻訳しました。

[日本語版:水書健司/ガリレオ]

猫、猫、猫!

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています