Huffpost Japan

佐野研二郎氏のエンブレム使用中止に 使用例の疑惑直後で「各方面への言い訳もたつ」との意見も

投稿日: 更新:
EMBLEM
This picture taken on July 24, 2015 shows hammer throw gold medalist Koji Murofushi (2nd R) and young athletes attending a ceremony to unveil the new logos of the Tokyo 2020 Olympic (L) and Paralympic Games at the Tokyo city hall. AFP PHOTO / Yoshikazu TSUNO (Photo credit should read YOSHIKAZU TSUNO/AFP/Getty Images) | 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
印刷

東京オリンピック大会組織委員会は、佐野研二郎氏がデザインしたエンブレムの使用を中止する方針を固めた。佐野氏本人に事情を聞いたうえで協議した。佐野氏によるデザイン見直しの可能性も含めて、今後の対応を緊急協議するという。9月1日、朝日新聞デジタルなどが報じた。

エンブレムを巡っては、ベルギーのリエージュ劇場ロゴに似ているとの指摘を受けるなど批判が高まっていたほか、エンブレムの使用例に使われた画像も、インターネット上から無断で転用されているのではないかという指摘が出ていた

組織委は1日午後2時から緊急を開き、今後の対応を協議。夜に記者会見を行なう。NHKニュースによると、佐野氏側も「きょう中に会社のホームページでコメントしたい」としている。

このニュースを受けて、インターネットには様々な意見が投稿された。

【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

【五輪エンブレム問題】展示例の写真、無断転用? 佐野氏側が制作