ライフスタイル

海外の住みやすい国ベスト10 どこに住みたい?

2015年09月26日 23時29分 JST | 更新 2015年09月26日 23時31分 JST

すべてを投げうって海外に移住する夢を抱いたことはあるだろうか。もしあるなら、その夢に向かって準備することだ。このランキングを知ったら、ますます移住が魅力的に思えてくるはずだ。

イギリスの金融機関、HSBCが発表した海外移住者の調査によると、生活、仕事、妊娠や子育てに最適な国が明らかになった。調査対象となった39カ国のなかで、地域経済の急成長と生活の質の高さによってシンガポールが首位となった。2位はニュージーランド。移住者によれば、アウトドアのレジャーや気さくな地元の人たちのおかげで、くつろぎやすい国だという。スウェーデンは、家庭に優しい国として上位にランクイン。スイスはキャリア志向の人たちに合った国だ。

このリストは、さまざまな国の移住者の仕事と生活がわかる。2015年版の調査では約2万2000人の移住者(HSBCの顧客とそれ以外を含めて)に、新しい国での日々の暮らしについて質問している。仕事だけでなく生活全般を扱っており、経済(可処分所得や雇用保障など)や、経験(安全性、友人の作りやすさ)、家庭(育児や社会生活の質)などを考慮している。

HSBCのサイトに行けば全39カ国のランキングが入手できるが、ここでは2015年の海外移住先ベスト10を紹介しよう。

移住しやすい国ベスト10

これらの移住しやすい国の中で、ひとつの国を選ぶとしたら、まず複数の選択肢を比較検討してみよう。あなたの価値観に合う国が見つかるかもしれない。

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

【関連記事】

外国人が選んだ、日本観光地ランキングTOP30

bia

東京、雑誌の「住みやすい街」ランキングで1位 評価された点は

zurich

ハフポスト日本版ライフスタイルはTwitterでも情報発信しています