NEWS

加工肉に発がん性、WHOが発表 1日どれくらいなら食べていいの?(画像)

2015年10月26日 21時20分 JST

世界保健機関(WHO)傘下の専門組織、国際がん研究機関(IARC)は10月26日、ハムやベーコン、ソーセージなどの加工肉を1日50グラム食べると、大腸がんになるリスクが18%高まるなどとする研究結果を発表した。赤身肉についても発がん性の恐れがあるという。

発表によると、IARCの専門家らは800以上の研究から、加工肉や赤身肉の発がんリスクを分析。加工肉はIARCの発がん性の基準で、タバコやアスベストなどと同様に発がん性が最も高い「グループ1」に分類された。専門家は「人によっては、加工肉の摂取による大腸がんのリスクは小さいままであるが、このリスクは肉の摂取量によって高くなる」と指摘している。

一方で、肉の栄養価についても言及しており、バランスよく食事をする必要性を訴えた。

イギリスがん研究所はこの発表について、イギリス政府が推奨している赤身肉及び加工肉の1日あたり摂取量を70グラム以下に抑えるべきとする助言をふまえ、日々の食事の改善例をインフォグラフィックで紹介している

cancer research uk

「あなたの寿命を縮める11の方法」

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています