NEWS

エールフランス機に爆破予告 アメリカ発パリ行き2便が緊急着陸

2015年11月18日 17時35分 JST | 更新 2015年11月18日 17時53分 JST
GEORGE FREY via Getty Images
Air France Airbus 380, Flight 65, sits on the runway at the Salt Lake City International Airport being inspected by the FBI on November 17, 2015 in Salt LAke City, Utah. Two Air France flights bound for Paris from the United States were diverted November 17, 2015 and landed safely after the airline received anonymous bomb threats, the carrier said. Flight 65 from Los Angeles and Flight 55 from Washington were 'subject to anonymous threats received after their respective takeoff,' the airline said in a statement. AFP PHOTO / GEORGE FREY (Photo credit should read GEORGE FREY/AFP/Getty Images)

[ロサンゼルス 17日 ロイター] - 米国からパリに向かっていたエールフランス機2便が17日、匿名の爆破警告を受けたため目的地を急きょ変更し、緊急着陸した。700人超の乗客乗員は無事。米連邦航空局(FAA)などが明らかにした。

このうち、ロサンゼルス発のエールフランス65便(エアバスA─380)はソルトレークシティーに着陸。乗客らはターミナルに移動した。ソルトレーク・トリビューンが空港関係者の話として伝えたところによると、乗客乗員は497人。

米連邦捜査局(FBI)は声明で、脅迫内容を裏付けるような証拠は機内で見つからなかったと明らかにした。

ユタ州の地元メディアによると、乗客は同便に再び搭乗し、パリに向けて出発した。

もう1つのエールフランス55便(ボーイング777)はワシントン郊外のダレス国際空港から離陸した後、カナダのハリファックス国際空港に目的地を変更。乗客乗員262人は既に降機した。

ハリファックスの警察当局は、警察犬を使い機内で爆発物を捜索したが、結果については明らかにしていない。

エールフランスは声明で、両便ともに「離陸後に匿名の脅迫があった」ことを明らかにした。その上で「当局が主導して電話の発信源を特定するための捜査にあたる」と説明した。

【パリ同時多発テロ 関連記事】

関連記事

パリ同時多発テロ 一夜明け