Huffpost Japan

「安倍政治は白鵬の相撲に似ている」野田佳彦元首相が指摘 理由は...

投稿日: 更新:
NODA ABE
June 22, 2016. (Photo by Tomohiro Ohsumi/Getty Images)/ December 15, 2012. (Photo credit should read KAZUHIRO NOGI/AFP/Getty Images) | Getty Images
印刷

民進党の野田佳彦元首相が6月22日、千葉駅で民進党参院選候補者の応援演説に立ち、「安倍政治は白鵬の相撲に似ている」などと述べ、自民党を批判した。「邪道」であることが理由だという。

野田氏は自民党が前回の参院選・衆院選でアベノミクスを争点に掲げていたと指摘し、「国会で一番、彼らが力を入れたことは、特定秘密保護法の強行採決。安保法案の強行採決です」などと主張。「今回もアベノミクスと言っているが、やりたいことは憲法改正じゃないですか」などと語った。

さらに白鴎を例に出し、「素晴らしい横綱だ」と評価しつつも、「最近、立ち合いが汚い」などとコメント。「左手を相手の顔に出し、ひるんだところに、間髪入れず右ひじを顔面に入れるんです。エルボーです。(対戦相手の)豪栄道は失神しました。誰も止められません」などと述べた。

野田氏は「安倍政権も同じ。左手でアベノミクスと言い、右手で今度は憲法改正。顔面骨折するのは国民なんです」と持論を展開。「王道を外れた邪道、覇道、外道の政治を、みんなで倒そうじゃありませんか」と訴えた。


▼画像集が開きます▼

Close
2013 参院選 画像で見る参院選動向まとめ
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡