Huffpost Japan

【ツール・ド・フランス】首位のクリス・フルームが落車、自ら山道を駆け上がる(画像・動画)

投稿日: 更新:
印刷

ツール・ド・フランスで黄色いウェアを着て首位を走っていたクリス・フルームにとって、7月14日の第12ステージは一瞬マラソンレースのようになった。フルームがカメラバイクと接触して自転車が破損し、山道を駆け上がったのだ。

先頭にいたオーストラリアのリッチー・ポートが沿道に溢れ出た観客のせいで減速を強いられ、モーターバイクに衝突した後、クリス・フルームはオランダのバウケ・モレマと共に落車した。

バイクが使えなくなったフレームは最後の数キロのところにあるゴールまで自ら走り出さざるを得なかった。

衝突はこのように起こった。

この衝突で、クリス・フレームが走り出しました。いつでも起こる可能性がありました。

一体どういうこと?

そしてフレームがどうしたか...レースは続けなければならない...

クリス・フルームがモン・ヴァントゥを走っている。

驚くべきことです。ツール・ド・フランスのリーダー、クリス・フレームが衝突の後モン・ヴァントゥまで駆け上っています。

フルームが走る

衝突の前、フレームはリードを広げるペースで走行していた。

最初は負けるのではと思われていた。判断は委員会の手に委ねられた。

ガーディアン紙によると、ポートは衝突についてこう述べている。「観客は沿道のあちこちにいてモーターバイクが停止すると、どこにも行き場所がなかった。私がモータバイクに接触したら、モレマが私の真後ろにぶつかってきた。

私は23秒リードして走っていたのに、不公平です...やりきれません。審判はこのアクシデントを見ていなければなりませんし、多少は裁量権を行使しなければなりません。いつも観客は大胆不敵で、走者を押してきます。それがゴール付近は本当に異常でした」

フルームは自らツイートした。

審判の協議を待つ...

アクシデントが審議され、フレームはモレマと同じタイムが与えられた。

まだイエロージャージを着られる

順位はこちら

フルームは首位をキープした。

ツール・ド・フランス事務局は、走者が通過するときに近寄り過ぎて邪魔しないよう観客に再度通告した。

レースと走者を尊重する

photo
落車した後、道路上で抗議する黄色いウェアを着たチームスカイの走者クリス・フレーム

photo
落車後に道路を走るフレーム

photo
落車後新しいバイクに乗るフレーム

ハフポストUS版より翻訳・加筆しました。

▼画像集が開きます

Close
ツール・ド・フランス 2016第12ステージ
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡