Huffpost Japan

生稲晃子さんが「働き方改革実現会議」メンバーに、なぜ? 元おニャン子クラブ

投稿日: 更新:
DEFAULT
生稲晃子さん(所属事務所のサイトより) | http://ogipro.com/
印刷

政府は9月5日、首相官邸に新設する「働き方改革実現会議」の有識者メンバーとして、元おニャン子クラブで女優の生稲晃子さんらを起用する方針を固めた。時事ドットコムなどが報じた。生稲さんが乳がん治療と仕事を両立させていることなどから、がん患者の社会参画などの面での発言を求める狙いとみられるという。

生稲さんは2011年にの乳がんが発見され、腫瘍を部分切除する手術を受けた。2012年夏と2013年に2度の再発が確認され、2013年の暮れには乳房を全摘出し、後に再建の手術を受けたことも明かしている。治療を続けながら女優、タレントとして活躍を続けている。

生稲さんは東京都出身。1986年、フジテレビ系「夕やけニャンニャン」でデビューし、87年、おニャン子クラブ内のユニット「うしろ髪ひかれ隊」に参加した。

■会議の狙いは

会議は長時間労働の是正や同一労働同一賃金の実現などを目指して設置され、今内閣改造の目玉として新設された、一億総活躍相兼働き方改革担当相の加藤勝信氏が担当する。会議では2016年度内をめどに、「働き方改革」のための実行計画を取りまとめる

安倍晋三首相は8月3日の内閣改造を発表した記者会見で、「働き方改革」を「最大のチャレンジ」として発表。「『非正規』という言葉をこの国から一掃します。最低賃金の引上げ、高齢者への就労機会の提供など、課題は山積しています」と話していた。

2015年に設置された「一億総活躍国民会議」の民間議員には、同じく元アイドルでタレントの菊池桃子氏が任命されていた

【関連記事】

▼画像集が開きます▼

Close
乳がんを克服したミュージシャンたち
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡