NEWS
2015年11月09日 21時57分 JST | 更新 2015年11月10日 00時55分 JST

生稲晃子、乳がんで右乳房全を摘出していた 元おニャン子クラブ

元おニャン子クラブのタレント、生稲晃子さんが、乳がんのため右乳房を全摘出していたことを明かした。10日発売の週刊誌「女性自身」が伝えた。

http://ogipro.com/

元おニャン子クラブのタレント、生稲晃子さん(47)が、乳がんのため右乳房を全摘出していたことを明かした。11月10日発売の週刊誌「女性自身」の報道として、スポニチなどが伝えた。

スポニチ本紙取材によると、43歳の誕生日を迎えた11年4月28日に初めて早期のがんが発見され、翌月に腫瘍を部分切除する手術を受けた。病理検査の結果、「初期の浸潤性乳頭腺管がん」と診断されたが、温存した乳房の中で12年夏、13年10月と2度の再発が確認され、13年暮れに乳房全摘出の手術を受けた。

先月27日に行った、シリコン挿入による乳房再建手術を含め、現在まで約4年半以上に及ぶ闘病で計5回の手術を経験。しかし、がん自体は完治しておらず、再発する可能性は残る。

生稲晃子 乳がんで右乳房全摘出も前向き「仕事があれば、入浴でも」 ― スポニチ 2015/11/10 06:00)

生稲さんは東京都出身。1986年、フジテレビ系「夕やけニャンニャン」でデビューし、87年、おニャン子クラブ内のユニット「うしろ髪ひかれ隊」に参加した

芸能界では、元プロレスラーでタレントの北斗晶さん(48)が9月、乳がんのため右乳房全摘出の手術を受けた

【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事