nyugan

受精卵の着床がわかったといい、「普通妊娠なら気付かないレベルの初期ですが…」とブログで報告。
ある日「がんの可能性がある」と言われたら、どうする……
PRESENTED BY AFLAC
だいたさんも乳がんで右胸を全摘出。子どもへの影響を心配する読者にもアドバイスした。
早期発見が重要だが、がん検診の受診率が低い日本。"インスタ映え"するイベントで、こうした社会課題を考えていきたいという。
「これからもまごころ込めて歌っていきます」と変わらぬ応援を呼びかけた。
比較的早期の乳がんだという。
自分が乳がんに直面することになるとは思ってもみなかった。
『大竹まこと ゴールデンラジオ!』に出演した際に明かしました。
だいたは2016年に乳がんと診断され、右乳房を全摘出。しかし今年、右胸に再びしこりが見つかっていた。
「がんを治せる病気にしたいという想い」を可視化するプロジェクト「deleteC」始動
乳がんはボディラインが変わり、イメージも変わってしまう。そして毎日お風呂に入るたびに、自分の目でそれを確かめてしまうことになる。
早い段階で見つかれば、10年間の生存率は9割を超すことが分かっている。
がん患者だからこそ、がん患者を癒す先生にもなれる。
PRESENTED BY POLA
彼女らは最後の望みを託してここにきているのだ。