Huffpost Japan

阪急バス、韓国人客の乗車券に差別表現を印字 会社は謝罪したが経緯解明できず

投稿日: 更新:
TICKET JAPAN
Hands of giving patient's registration ticket | imagenavi via Getty Images
印刷

関西を旅行した韓国人観光客が、阪急バス(本社・大阪府豊中市)の乗車券に民族差別的な言葉を印字されたと、韓国で報道された。

韓国の報道専門局YTNによると、2016年4月に大阪市内の阪急バスの乗車券販売窓口で、日本語の分からない韓国人観光客が英語で乗車券を購入したが、窓口担当の従業員に名前を尋ねられて英語で「キム」とだけ答えた。

YTNが紹介した乗車券の写真には、4月19日に大阪・梅田の乗車券売り場で購入した梅田発有馬温泉行きバスの切符の氏名欄に、名字の「キム」とともに、朝鮮人の蔑称にあたる「チョン」と印字されているのが写っている。窓口担当者が入力したとみられる。

観光客は切符の写真をソーシャルメディアに投稿したが、それを見た別の韓国人が「朝鮮人を蔑視する表現だ」とYTNに情報提供したという。YTNは「『わさびテロ』騒動に続き、日本語がよく分からない韓国人観光客に対する『韓国人を卑下するバス乗車券表記』に、嫌韓だという批判が強まるとみられる」と伝えている。

■阪急バス「本人は覚えていない」

阪急バスは阪急電鉄の100%子会社で、主に関西で路線バスを運行している。阪急バス経営企画室はハフポスト日本版の取材に対し、この乗車券を発行したことを認めた。しかし、なぜこんなことが起きたのか、理由は分かっていない。

同社の説明によると、5月に国土交通省近畿運輸局から指摘があって把握していた。窓口で乗車券を販売したのは、業務を委託している子会社従業員の20代女性で、当時の阪急バスの聞き取りに対し「覚えていない」と話したという。

従業員は自分が打ち込んだ言葉が差別用語にあたると認識しておらず、聞き取り調査で意味を聞かされて驚いたという。「知らなかったこと自体が問題であり、単語の意味や背景、具体例まで踏み込んで、グループ全体の研修を考え直さなければいけないと考えています。会社として差別はあってはならないことと考えており、差別表現となったことは、おわびするしかありません」と、同社の担当者は話した。

乗車券の購入者は特定できなかったという。5月に把握していながら対応を放置していた理由を尋ねると「認識が甘かったとしか言いようがない。社内の情報共有が不十分でした」と陳謝した。

関連記事
市場ずし難波店、外国人観光客に"わさびテロ"? 運営会社が事実認め釈明


AbemaTVに桜井誠・在特会前会長の個人チャンネル開設→批判殺到→チャンネル削除