Huffpost Japan

「夫は外、妻は家庭守るべき」減少 内閣府の世論調査

投稿日: 更新:
POLL
朝日新聞社
印刷

「夫は外、妻は家庭守るべき」減少 内閣府の世論調査

「子どもができても、女性は仕事を続ける方がよい」と考える人の割合が、内閣府の世論調査で初めて半数を超えた。「夫は外で働き、妻は家庭を守るべきだ」と考える人は逆に減少。担当者は「女性が働くことへの理解が広がってきた」とみている。

調査は8~9月、男女共同参画社会について全国の18歳以上の5千人を対象に面接で実施。3059人(61・2%)から回答を得た。前回2014年調査まで20歳以上が対象だったが、選挙権年齢の引き下げに合わせて下げた。

女性が「ずっと仕事を続ける方がよい」と答えた人は54・2%。女性は55・3%で、男性は52・9%だった。20歳以上に限っても前回より9・6ポイント増の54・4%で、1992年の調査開始以来、初めて5割を超えた。

「夫は外で働き、妻は家庭を守るべきだ」との考えには、反対が54・3%(4・9ポイント増)で過去2番目に高く、賛成の40・6%(4・0ポイント減)を上回った。

結婚後の旧姓使用への意識も初めて尋ねた。姓が変わった場合に職場で旧姓を通称として「使いたいと思う」と答えた人は31・1%。女性が23・9%、男性が39・5%だった。若い人ほど旧姓使用を望む傾向が強く、18~29歳が年代別で最多の40・5%だった。(伊藤舞虹)

アンケート「子育ての理想と現実」をhttp://t.asahi.com/forumで実施中です。きょうのフォーラム面で内容を紹介しています。ご意見をasahi_forum@asahi.comでも募集しています。

(朝日新聞デジタル 2016年10月30日 05時09分)
関連ニュース
asahi shimbun logo
(朝日新聞社提供)