Huffpost Japan

フィデル・カストロ前国家評議会議長死去 キューバの元最高指導者、90歳

投稿日: 更新:
印刷

fidel castro gestures as people wave flags

キューバのフィデル・カストロ前国家評議会議長が11月25日に死去したと、BBCなどが速報で伝えた。90歳。キューバの国営放送が26日、声明を発表した。

1953年7月、カストロ氏はチェ・ゲバラらとともに武装闘争を開始し、親米のバティスタ独裁政権を打倒。59年1月に革命政権を樹立した。

61年4月、アメリカ(ケネディ政権)はカストロ政権の転覆を狙い、CIAの支援を受けた亡命キューバ人部隊をキューバに侵攻させた(ピッグス湾事件)。3日間の戦闘の末、アメリカ側の部隊はキューバ軍に撃退され、カストロ政権転覆の目論見は失敗に終わった。

一方のキューバ側は、東側陣営のソ連と接近。カストロ氏は社会主義政策に舵を切った。

62年、アメリカはキューバに対し国交断絶を通告し、全面的な禁輸措置を実施。これに対し同年、ソ連がキューバに核ミサイル基地を建設すると、米ソ両国が対立。人類史上最も核戦争の危機が高まったとされる「キューバ危機」が発生した。キューバは東西冷戦を象徴する国の一つとなり、カストロ氏は反米・左翼勢力の象徴的人物となった。

カストロ氏はおよそ50年にわたり、キューバ共産党による一党独裁を敷き、国家評議会議長として君臨した。その間、キューバの教育水準は向上し、医療技術も進歩した。その一方、冷戦終結後にソ連が崩壊すると、サトウキビ栽培による砂糖の生産・輸出に頼ったモノカルチャー経済だったキューバ経済は立ち行かなくなり、多くの人々が国外へと亡命した。

2008年、カストロ氏は国家評議会議長を退任し、弟のラウル・カストロ氏が後継となった。ラウル氏はアメリカとの関係改善を模索。約1年半にわたる水面下での交渉を経て、アメリカとキューバは2015年7月20日、54年ぶりに国交を回復。両国の首都には互いに大使館が設置された。これは「キューバの雪融け」と呼ばれている。

カストロ氏の支持者たちは、彼をキューバ革命の英雄として「キューバを人民の手に戻した男」として賞賛する。一方で敵対者たちは、反対勢力を残酷に粛清する人間と非難しており、その歴史的評価は分かれている。

▼画像集が開きます▼

Close
フィデル・カストロ氏
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

【※】スライドショーが表示されない場合は→こちら

フィデル・カストロ――波乱に満ち、光と影が交差したキューバ革命指導者の生涯


フィデル・カストロ氏「人類は広島の教訓を学び取っていない」来日時に訴えた平和への思いとは


3分で分かるキューバの歴史 アメリカ大統領が88年ぶり訪問へ




【お知らせ】

ハフィントンポストでは、12月18日に働きかたに関するイベントを開催します。お申し込みは以下よりお願いします。


■イベント詳細と申し込み用フォームは下記リンクからもご確認いただけます。
http://peatix.com/event/214739/