Huffpost Japan
吉野太一郎 Headshot

阪神大震災から22年 神戸・東遊園地に浮かぶ「1995 光」【ライブ中継】

投稿日: 更新:
印刷

6434人が亡くなった1995年1月17日の阪神・淡路大震災から、2017年で22年を迎えた。

hansin

当時、道路や鉄道、高層ビルが壊滅的な被害を受けた神戸市中心部の三宮。市役所南側にある公園「東遊園地」では、まる22年の節目となる1月17日、恒例の「阪神淡路大震災1.17のつどい」が開かれた。会場では「夢」や「絆」などのメッセージが書きこまれた竹灯籠に火が灯され、地震発生時刻の午前5時46分の時報とともに、集まった人々が黙禱した。

hansin

竹灯籠は、上空から見ると「1995 光 1・17」の文字をかたどるように並べられている。熊本地震など大災害が相次いだ2016年を振り返り、「心を痛める人に少しでも光が差すようにという願いや、寄り添う思い」を込めている

阪神・淡路大震災から22年。神戸・東遊園地からお送りします。

Posted by ハフィントンポスト on Monday, 16 January 2017

※動画プレーヤーが表示されない方、動画が再生できない方はこちらからご覧ください。
※生中継は諸事情により、時間の変更等の可能性があります。このため開始が遅れる場合や、準備の都合上、途中からとなる場合がございます。予めご了承ください。
※現地のインターネット回線状況により、生中継を一時中断もしくは中止する場合があります。

兵庫県内ではこのほかにも、自治体の公式行事から市民の小規模な集まりまで、様々な追討行事が各地で開かれている。

Close
1995年1月17日、阪神・淡路大震災
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
関連記事

阪神・淡路大震災から20年。失われた面影を求めて【画像】




阪神・淡路大震災から20年、街は賑わっていた。あの日までは【画像】