kobeshi

Facebook、楽天、NTTドコモなどと連携した市政運営や、500 Startupsとの起業家支援プログラム「500 KOBE ACCELERATOR」といった取り組みがある
PRESENTED BY エン・ジャパン
組体操について詳しい日体大の荒木達雄教授は「『高いタワーを作ったから達成感がある』という認識はやめてほしい。改めた方が良い」と語る。それでも組体操を実施する本来の意味とは?
6434人が亡くなった1995年1月17日の阪神・淡路大震災から、2017年で22年を迎えた。
「ゴキブリを生かすためで営業妨害の意図はなかった」と話しているという。
IT企業で働くエンジニアやデザイナーを行政に派遣して、民間×行政で地域課題に取り組むコーポレートフェローシッププログラム。3都市×4企業で実際に行われた取り組みについてご報告します。
PRESENTED BY エン・ジャパン
神戸市にある須磨海岸。夏になると海水浴客で賑わうが、実は海苔の生産地でもある。海苔や地引網体験を通じて魅力を発信する取り組みが、若者を中心に行われているそうだ。
PRESENTED BY AQUA SOCIAL FES!!
「コーポレートフェローシップ」とは企業が地域の課題解決の為に自治体に人材を派遣するプログラム。同プログラムに、鯖江市、神戸市、千葉市、調布市、にもう一団体が決定
阪神大震災から20年という節目の年です。そこで、というのも変な言い方ですが、関西電力が「20歳の神戸」というCM動画を制作して公開しています。
1995年1月17日、近畿地方を襲った阪神・淡路大震災。大きな被害を受けた神戸市が、震災直後の写真約1000枚を集め、オープンデータとして公開している。
神戸・須磨海浜水族園内のレストランが1日に5食だけ提供する期間限定の「ピラニア料理」が話題を呼んでいる。