NEWS

「ワイドナショー」が宮崎駿監督の「引退宣言」をでっち上げ フジテレビ謝罪の一問一答

2017年05月29日 19時49分 JST | 更新 2017年05月29日 19時49分 JST

お笑い芸人の松本人志さんらが様々なニュースについてコメントするフジテレビの「ワイドナショー」が、スタジオジブリの宮崎駿監督の発言をでっち上げて紹介していたことが5月29日、明らかになった。ハフポスト日本版編集の取材にフジテレビ企業広報部が認めた。

発言がでっち上げられたのは、28日に放送された回。宮崎監督がこれまでに度々「引退宣言」をしたことがあると紹介し、作品ごとに7つ、監督の言葉をフリップで示した。

ところが放送終了後、番組で紹介された発言について「ぼくのネタツイート(当然ながら宮崎駿が言ったセリフではない)がテレビで使われてるんですが」などとあるユーザーがTwitterで指摘。そのツイートが拡散していた。

このユーザーは2013年、宮崎監督のものとして創作したセリフを作品名とともに5つ投稿した。このうち4つが、番組で紹介された発言とほぼ同じだった。このユーザーはフジテレビに対し、公式サイトを通じて指摘したことも明かしていた。

  • ●ユーザーが創作した発言
  • 86年ラピュタ「人生で最高に引退したい気分」
  • 92年紅の豚「86年を上回る引退の意思」
  • 97年もののけ姫「100年に1度の引退の決意」
  • 04年ハウル「ここ数年で最高の辞めどき」
  • 13年風立ちぬ「出来は上々で申し分の無い引退のチャンス」

  • ●番組で紹介された「引退宣言」
  • 1986年 天空の城ラピュタ 「人生で最高に引退したい気分」
  • 1992年 紅の豚 「アニメはもうおしまい」
  • 1997年 もののけ姫 「100年に1度の決意。これを最後に引退」
  • 2001年 千と千尋の神隠し 「引退してシニアジブリを立ち上げる」
  • 2004年 ハウルの動く城 「ここ数年で最高の辞めどき」
  • 2008年 崖の上のポニョ 「体力的にも本作が最後の長編になるだろう」
  • 2013年 風立ちぬ 「出来は上々で申し分の無い引退のチャンス」

  • フジテレビは29日、ワイドナショーの公式サイトに「お詫び」と題する文章を掲載。番組で紹介した内容は、宮崎監督の発言ではなかったことを認め、謝罪した。文章の全文は以下の通り。

    2017年5月28日(日)10:00~11:15放送の「ワイドナショー」において「宮崎駿『引退撤回』新作長編アニメ始動!」という内容を放送いたしました。

    その中で宮崎駿氏の過去の引退に関わる発言としてフリップで紹介した内容が、実際には宮崎駿氏の発言ではなかったことが分かりました。

    真偽を確認しないまま放送に至り、宮崎駿氏並びに関係者の皆様、視聴者の皆様にご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。

    ハフポスト日本版編集の取材に対し、フジテレビ企業広報部の担当者が応じたが、経緯の詳細については「番組制作に関わる」などと明らかにしなかった。主なやり取りは次の通り。

    ——Twitterにあった発言をもとに引退宣言をまとめたのですか?

    番組制作に関わることなので言えません

    ——なぜ発言の真偽を確認しなかったのですか?

    番組制作に関わることなので言えません

    ——宮崎駿監督側には謝罪するのですか?

    先方もいることであり、回答は差し控えます

    ——番組内でも釈明や謝罪は予定していますか?

    対応は検討はしていますが、詳しくは番組制作に関わることなので言えません

    ——なぜ番組制作だと言えないのですか。その理由は何ですか。言える、言えないの基準は何なのですか?

    えっ、それは番組制作のことなんだから言えないということです

    ——理由を含めて言えないということでしょうか?

    そうです