ライフスタイル

人体はアートになる。ボディペインティングが伝える美の迫力がすごい(画像集)

2017年08月02日 14時36分 JST | 更新 2017年08月02日 14時47分 JST
Didier Messens via Getty Images

オーストリアの小さな街クラーゲンフルトが、3日間にわたって人体アートで彩られた。

クラーゲンフルトで7月28〜30日、20回目となるワールド・ボディペインティング・フェスティバルが開かれ、世界約50カ国から集まった60人を超えるアーティストたちが、美しくて個性的なボディアートを披露した。  

ドイツから参加したアーティストのカレン・ディンガーさんの作品のタイトルは「ユートピア」。背中に、頭から膝までを覆う大きなハートの羽がついている。

カレン・ディンガーさんの作品。完成に6時間かかった。モデル:アンナ・リサ(REUTERS)

ディンガーさんはロイター通信に「作品は、全ての夢が叶う世界を象徴しています」と語る。

紙、木、粘土などアーティストが自己表現する時に使う媒体は様々だが、人間自身を使ったアートには、特別な美の迫力がある。

フェスティバルで披露されたアート作品を見てみよう。

(Jan Hetfleisch via Getty Images)

(Didier Messens via Getty Images)

(Jan Hetfleisch via Getty Images)

(Didier Messens via Getty Images)

(Jan Hetfleisch via Getty Images)

(Jan Hetfleisch via Getty Images)

(Jan Hetfleisch via Getty Images)

(Jan Hetfleisch via Getty Images)

(Didier Messens via Getty Images)

(Didier Messens via Getty Images)

(Jan Hetfleisch via Getty Images)

(Jan Hetfleisch via Getty Images)

(Didier Messens via Getty Images)

(Didier Messens via Getty Images)

(Didier Messens via Getty Images)

(Jan Hetfleisch via Getty Images)

(Jan Hetfleisch via Getty Images)

(Didier Messens via Getty Images)

(Didier Messens via Getty Images)

(Didier Messens via Getty Images)

(Didier Messens via Getty Images)

ハフポストUS版に掲載された記事を翻訳しました。

ずっと見ていたくなる美しいボディペインティング。どうやってつくられるのだろう?プロセスを画像でご紹介しよう。

ハフポストUS版に掲載された記事を翻訳しました。

▼ワールド・ボディペインティング・フェスティバル201(画像集)▼

ワールド・ボディペインティング・フェスティバル201


※画像集が表示されない場合は→こちら