NEWS

小柳ルミ子がサッカーW杯予選・オーストラリア戦の“実況ゲスト”に登場、なぜ?

残り2試合、予選突破の条件は?

2017年08月31日 17時58分 JST | 更新 2017年09月02日 11時43分 JST
Jiji
小柳ルミ子さん

絶対に負けられない戦いがそこにある−−。サッカー男子日本代表は8月31日夜、ワールドカップ2018年ロシア大会の出場をかけたアジア最終予選で、オーストラリアと対戦する。

6大会連続、6回目のワールドカップ出場がかかった大一番。勝敗の行方に大きな注目が集まる中、女優・小柳ルミ子さん(65)が、この試合をラジオ中継する文化放送に実況ゲストとして出演することが決まっている。

ネット上では驚きの声もあるが、実は小柳さんには芸能界屈指のサッカー通の顔も。「辛口解説が期待できますね!」といった反応も。

■「年間2000試合以上を観戦」芸能界1のサッカーファン?

試合は19時35分から、埼玉スタジアムでキックオフ。テレビ朝日が地上波で生中継するほか、ラジオでは文化放送が独占放送として実況中継する

小柳さんは文化放送の「実況ゲスト」として、実況役の同局アナウンサーと解説役のロンドン五輪サッカー男子代表監督・関塚隆氏と一緒に、この試合を行方をリスナーに伝える。

女優や歌手として活躍し、一見サッカーとは縁遠そうな小柳さんが、なぜサッカーの実況ゲストに選ばれたのか。

文化放送のホームページでは、次のように紹介する。

「ゲストには芸能界一のサッカーフリークと呼ばれる小柳ルミ子さんを迎えます。国際試合などを中心に年間2000試合以上を観戦するという大のサッカーファン。観戦しながら作る「ルミ子サッカーノート」は、サッカー解説者やサッカー専門誌の編集者も絶句するほどのハイクオリティな内容として評判になっています」

小柳さんは既にサッカーの「解説者」としてデビューをしている。7月15日に開催されたJリーグワールドチャレンジ2017、浦和レッズ対ドイツのドルトムント戦で、ライブ中継したフジテレビの副音声で初めて「解説」を任された。

豊富な知識を披露し、浦和の先制点も的中させた一方で、「サッカーはただクソ真面目にやってもダメ。ずる賢くないと。ジャッジを味方につけてしたたかに。それも人生だから」といった"ルミ子節"も飛び出した。

小柳さんが日本代表戦の「実況ゲスト」に決まったことに対して、Twitter上ではさまざまな反応が広がっている。

「辛口解説が期待できますね!」「楽しみ」「是非聞いてみたい」と期待する声が広がる一方で、「経験者の解説じゃないと聞きたくない、需要あるのかな」と手厳しい反応も。

中には、小柳さんが年間2000試合以上を観戦する大のサッカーファンであることに驚く人もいた。

■W杯への出場条件は?勝てば決定!

グループBに所属する日本は勝ち点17で単独首位。2位のサウジアラビアと3位のオーストラリアが勝ち点16で並んでおり、この3カ国が、W杯出場となる2位以上になる可能性が残っている

JFAのホームページより
グループBの順位表

今夜31日にはオーストラリア、9月6日にはサウジアラビアと直接対決する。残り2試合を控え、W杯に出場するために必要な条件は何なのか。

【オーストラリア戦で勝利】

⇨W杯出場が決定(B組1位通過)

【オーストラリア戦で引き分け】

⇨最終サウジアラビア戦に勝利or引き分け⇨W杯出場決定

⇨サウジ戦で敗北⇨オーストラリアータイの結果次第

※・オーストラリアが勝利⇨B組3位となり、A組3位とのアジアプレーオフに回る。

・オーストラリアが引き分け⇨得失点差次第

・オーストラリアが敗北⇨W杯出場決定(B組2位通過)

【オーストラリア戦で敗北】

サウジ戦で引き分け⇨W杯出場決定(B組2位通過)

サウジ戦で敗北⇨B組3位となり、A組3位とのアジアプレーオフに回る。

試合結果ももちろん気になるところだが、小柳さんの解説に注目しながら観戦するのも一つの楽しみだろう。