政治

上西小百合氏、衆院選に不出馬の意向

“浪速のエリカ様”「野党共闘環境にない」

2017年09月22日 18時37分 JST | 更新 2017年09月22日 18時37分 JST
時事通信社
衆院本会議に出席した上西小百合氏 撮影日:2015年09月25日

衆院議員の上西小百合氏(34)=無所属、比例近畿=は9月22日、臨時国会冒頭で衆院が解散された場合、総選挙に立候補しない意向を固めた。共同通信などが報じた。

共同通信の取材に「野党共闘統一候補を目指して活動してきたが、今はその環境にないので次期衆院選への出馬を断念した」と述べた。25日に記者会見する。

(「上西小百合衆院議員が不出馬へ 『野党共闘環境にない』 - 共同通信 47NEWS」より 2017/09/22 14:57)

デイリースポーツによると、上西氏本人は生涯政治家を宣言しており、政治活動およびメディア活動は継続するという。

上西氏は、2012年の衆院選で当時の「日本維新の会」公認で初当選。「維新の党」に所属していた15年4月、衆院本会議を体調不良を理由に欠席しながら、その前日に飲食店を渡り歩いたとして党を除籍された。「浪速のエリカ様」とも呼ばれる。

▼画像集が開きます▼

上西小百合・衆院議員