sosenkyo

私は、既にルビコン川を渡り、大きな一歩を踏み出した。後戻りすることはない。
​​​​​​​ それは「政策的な立ち位置の整理」です。 27日に総選挙後初の両院議員懇談会、総会が行われました。私がその場で強く主張したことは「政策的立ち位置の整理」の必要性です。 多くのメディアでも、色んな人がそれぞれ話されるので、私自身
「党員のいろんな考え方を代弁する選挙が行われるべきだ」
妊娠中に当時衆議院議員だった夫の不倫疑惑が報道された
いつどこで滝のような雨が降ってもおかしくありません。
「風向きが突然変わることはしょっちゅうなのだ」