政治

小池百合子氏、首相指名で石破氏は「考えていない」 なぜ石破氏の名前があがったの?

「結果をよく見て」ってどういう意味?

2017年10月08日 13時32分 JST | 更新 2017年10月08日 13時38分 JST
時事通信社
自衛隊高級幹部会同に、元防衛相として出席した東京都の小池百合子知事(右)と石破茂氏=2017年09月11日、防衛省

希望の党の代表を務める小池百合子東京都知事は10月8日、「新報道2001」(フジテレビ系)に出演し、衆院選後の首相指名選挙で同党が自民党の石破茂氏に投票する可能性を否定した。

番組で小池氏は、自身の出馬を改めて否定。首班指名についても、具体的な名前を出すことはなかった。

これに対して、番組に出演した安倍晋三首相は「選挙ではどういう政策を掲げている党に日本を託すのかもありますが、誰に託すのかも当然ある」などと批判。「実際に首班指名は誰が受けるのかという候補者を出されたほうが、国民のみなさんにとって、よりわかりやすい選挙になるのではないか」と述べた。

首相指名については、希望の党が石破茂氏を押すというような報道もあるが、小池氏は石破氏の指名について「その件については、考えていない」などと述べ、否定した。

■なぜ、石破氏の名前があがったのか

なぜ、石破氏の名前が上がったのか。フジテレビ解説委員の平井文夫氏は番組で、「小池さんが石破さんを一本釣りするという話ではない」などと解説した。

平井氏は、希望の党が政権に参加するのは「おそらく与党が過半数割れをして、安倍さんが退陣した場合で、(与党が)希望の党と大連立をするパターン」の場合だと分析。そうなったときには「希望は石破さんあたりを首班(指名選挙)で投票するのでは」などと話し、大連立では小池氏が入閣する可能性についても触れた。

小池氏は指名について、「新しい政党で布陣について構想を練っているところ」「結果をよく見ていかなければ」などと述べるにとどまった。