kibonoto

「希望の党」代表の中山成彬衆院議員(78)が次期衆院選に出馬せず、引退することが明らかになった。中山氏の引退により、「希望の党」は解散する見通しだ。
前川喜平・元文部科学事務次官や参院選東京選挙区の蓮舫副代表らの擁立案もあったという。
玉木雄一郎氏「政権の中核を担えるのは私たちしかいない」
大型連休明けに新党を始動する
ほかに「平和民主党」「改進党」「新党ゼロ」などの案が挙がっていた。
憲法や安保の理念を曲げる形で新しい党に加わることは、政治家としてやってはいけないことだと思う。 
両党とも分裂含みで、会派の結成は厳しい情勢になっている